PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイリスへの手紙

アイリスへの手紙
STANLEY & IRIS
1989年 アメリカ
監督 : マーティン・リット

夫に先立たれ二人の子を抱える女・アイリス。
彼女の勤めるケーキ工場の食堂でコックとして働いている男・スタンリー。
互いに惹かれ合いながらも、若くないが故にそれ以上の関係に進めない二人。
だがスタンリーが文盲である事を知った時から二人の関係に変化が訪れる。。。。。

No.87.2oo7

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


しみじみとして安心して鑑賞できる作品。
徐々に深まる2人の関係を見守るうちにハッピーエンディング
めでたし、めでたし、、でした。

| 映画(アメリカ) | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナイトミュージアム

ナイト ミュージアムナイト ミュージアム
(2007/08/03)
洋画

商品詳細を見る

NIGHT AT THE MUSEUM
2006年 アメリカ
監督 : ショーン・レヴィ

ニューヨークに住む冴えないバツイチ男、ラリー・デリー。
現在は失業中で、最愛の息子ニッキーにも愛想を尽かされてしまう始末。
そこで新しい職探しを始めたラリーは、自然史博物館の夜警の仕事にありつく。
さっそく先輩の老警備員から仕事を引き継ぎ、夜の博物館で勤務初日を迎える。
ところが見回りを始めたラリーは、誰もいないはずの展示室から不思議な物音を聞く。
音のするほうへ行ってみると、なんとティラノザウルスの全身骨格が吸水機から水を飲んでいた。
しかも驚きはそれだけではなかった。
モアイ像や原始人、動物たちなど、博物館の展示物が次々と生き返り、
勝手気ままに動き出していたのだった。。。。。

No.79.2oo7

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

そう言われてみれば、今までありそうでなかった設定ですね!
幼稚園の頃、お遊戯室にあったガラスケースの中がミニチュアの動物園になっていて、
「夜になると動くんだよ~~!」と園児の間で噂になっていたのを思い出しましたなつかしい。。

| 映画(アメリカ) | 23:44 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

幸せのちから

幸せのちから コレクターズ・エディション幸せのちから コレクターズ・エディション
(2007/07/25)
ウィル・スミス.ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス.タンディ・ニュートン

商品詳細を見る

THE PURSUIT OF HAPPYNESS
2006年 アメリカ
監督 : ガブリエレ・ムッチーノ

1981年、サンフランシスコ。
クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。
5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。
実の父を知らずに育ったクリスは、愛する我が子には決して同じ思いをさせまいと心に誓っていた。
しかし折からの不況で仕事は思うようにいかず、家賃の支払いもままならない。
ついには愛想を尽かした妻に去られ、家賃滞納で自宅からも立ち退きを命じられてしまう。
息子と安モーテルに引っ越したクリスは、一流証券会社の研修生となり、
半年後にたった一人だけ採用となる正社員への道に最後の望みを託す。
だが、その半年間は無給。やがてモーテルにも泊まれなくなった父子は、
ついに過酷なホームレス生活を余儀なくされるのだったが。。。。。

No.78.2oo7

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

息子のクリスがカワイイ♪
ありがちなストーリーですがほのぼの系なので許しましょう。

| 映画(アメリカ) | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステップ・アップ

ステップ・アップ ステップ・アップ
チャニング・テイタム;ジェナ・ディーワン (2007/08/29)
AVEX GROUP HOLDINGS.(ADI)(D)

この商品の詳細を見る

STEP UP
2006年 アメリカ


ボルチモアの貧しい家庭に育ち、将来に希望を抱くこともない不良高校生のタイラー。
ある時、事件を起こした彼は、
裁判所から罰則として名門芸術学校での奉仕活動を命じられ清掃員をするハメに。
しかしそこで彼は、ケガをしたパートナーの代役を探していたバレリーナノーラと出会う。
タイラーのダンスを見たノーラは彼を自分のパートナーに抜擢する。
初めはバレエという慣れない世界に戸惑っていたタイラーだったが、
レッスンを重ねる中で、次第にダンスに対する情熱が高まっていき、
同時に2人の間にも特別な感情が芽生え始めていくのだが。。。。。

No.76.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


ダンス映画が大好きな私には十分楽しめました~♪
興味のない方にとっては、他のダンス作品と区別がつかないかも…
それ程平板なストーリー展開ですぅ。。

| 映画(アメリカ) | 08:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジャヴ

デジャヴ デジャヴ
デンゼル・ワシントン. ポーラ・パットン. ヴァル・キルマー. ジム・カヴィーゼル. アダム・ゴールドバーグ (2007/08/03)
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント

この商品の詳細を見る

DEJA VU
2006年 アメリカ
監督 : トニー・スコット


500人以上もの犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件が発生する。
捜査を開始したATF捜査官ダグ・カーリンは、
その的確な捜査能力を買われ、FBIの特別捜査班への協力を要請される。
彼は政府が極秘に開発した“タイム・ウィンドウ”と呼ばれる映像装置を見せられる。
それは、過去の特定のエリアを自由に見ることが出来る驚くべき監視システムだった。
ただし、この装置には現在から“4日と6時間前”の映像を
リアルタイムで再生することしかできなかった。
事件に関係ある場所を確実にスキャンするためにダグの判断力が求められたのだ。
そして、事件直後に遺体が発見された女性クレアが鍵を握っていると確信したダグは、
この装置で彼女の自宅を映し出し、4日と6時間前の生きていた彼女を目にするのだが。。。。。

No.75.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


来たぁーーっ! …そんな感じです*
自分的には久々に夢中になった作品と言えます。

“デジャヴ”ってそういう意味だったのですね。
ラストでは観客をがっくり落としておいて、
ありきたりな展開ながらズ~ンと持ち上げるっ!!
トニー・スコット監督、、さすがです。。

| 映画(アメリカ) | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボビー

ボビー BOBBY  ボビー BOBBY 
アンソニー・ホプキンス;デミ・ムーア;シャロン・ストーン;イライジャ・ウッド;リンジー・ローハン;ヘレン・ハント;クリスチャン・スレーター;ウィリアム・H・メイシー;ヘザー・グラハム;ローレンス・フィッシュバーン (2007/08/10)
東宝

この商品の詳細を見る

BOBBY
2006年 アメリカ
監督 : エミリオ・エステヴェス


1968年6月5日、カリフォルニア州の予備選を勝利で飾り、
次期アメリカ大統領候補として多くのアメリカ国民から大きな期待を寄せられていた
ロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺される。
この悲劇の16時間前、現場となったロサンジェルスのアンバサダーホテルには、
人種も年齢も社会的な境遇もまちまちな人々が居合わせた。
果たして彼らは、このホテルで間もなく行われようとしている
ボビーの演説をどのように迎えようとしていたのだろうか。。。。。

No.71.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


すご~く豪華な顔ぶれ!
特にヘアメイクのミリアムを演じたシャロン・ストーンが印象的だった*
まさにアメリカを象徴する作品でした。

| 映画(アメリカ) | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今宵、フィッツジェラルド劇場で

今宵、フィッツジェラルド劇場で 今宵、フィッツジェラルド劇場で
ロバート・アルトマン (2007/07/27)
東宝

この商品の詳細を見る

A PRAIRIE HOME COMPANION
2006年 アメリカ
監督 : ロバート・アルトマン


ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド劇場。
毎週土曜の夜、ここで長年に渡って公開生中継が行われてきた人気ラジオショウ
「プレイリー・ホーム・コンパニオン」。
この日も収録を前に、出演者たちが次々と楽屋入りする。
下ネタいっぱいのカウボーイシンガー・ダスティ&レフティ、ベテランシンガーのチャック、
カントリー・デュオのジョンソン姉妹。
妹ヨランダは娘のローラも同伴させていた。
一方、番組の保安係ガイは、劇場に現れる謎めいた美女の噂を口にする。
そんな中、今宵も司会者ギャリソン・キーラーのいつもと変わらぬ名調子で番組はスタートした。
実は、テキサスの大企業によってラジオ局が買収されてしまい、
これが最後の放送になることが決まっていた。
しかし、キーラーはなかなかそのことをリスナーに切り出せなかった。。。。。

No.69.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


ミュージシャンたちの奏でるカントリー&ウエスタンが楽しく、
音楽好きにはたまらない小品でした。

| 映画(アメリカ) | 22:10 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーロラ

オーロラ オーロラ
マルゴ・シャトリエ、ニコラ・ル・リッシュ 他 (2007/07/06)
ギャガ・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

AURORE
2006年 フランス
監督 : ニルス・タヴェルニエ


踊りを禁じられたとある王国。
ところが王女オーロラは誰よりも踊りが好きだった。
そんな娘に頭を痛める王。やがて王国は財政難で危機に陥る。
王は、オーロラ姫を金持ちの国の王子に嫁がせるしか道はないと、
婚約者を見つけるための舞踏会を開くことを決断する。
しかしオーロラ姫は、
見合いの肖像画を描くため宮廷に呼ばれた画家の青年に恋してしまう。。。。。

No.67.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


「エトワール」のニルス・タヴェルニエ監督が、
パリ・オペラ座のトップダンサーたちを贅沢に起用して撮り上げた幻想的劇映画。
ル・リッシュ観たさで鑑賞したけど、バレエ好きならきっと見て損はしないと思います♪

| 映画(アメリカ) | 23:48 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラッキーナンバー7

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)
ポール・マクギガン (2007/06/22)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

LUCKY NUMBER SLEVIN
2006年 アメリカ
監督:ポール・マクギガン


仕事をクビになり、恋人にも裏切られ、不運続きの青年スレヴンは、
友人ニックを頼ってニューヨークへとやって来た。
しかしニックは不在で、スレヴンはひょんなことから知り合った
隣に住む女性リンジーと一緒にニックの行方を捜し始める。
そして、いつしか2人は恋に落ちる。
そんな矢先スレヴンは、彼をニックだと思い込んだギャングによって拉致され、
親玉“ボス”の前に引き出される。
ニックがつくった多額の借金の返済を迫られ、それを帳消しにする条件として、
敵対するギャングの親玉“ラビ”の同性愛の息子を
殺害することを強要されてしまうスレヴンだったが。。。。。

No.65.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


ジョシュ・ハートネット観たさにレンタル♪
おぉっ、こんな役柄もこなしちゃうのね!!
なかなか巧みなストーリー展開でした。

| 映画(アメリカ) | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終電車

終列車 終列車
カトリーヌ・ドヌーブ、ジェラール・ドパルデュー 他 (2000/01/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

LE DERNIER METRO
1980年 フランス
監督: フランソワ・トリュフォー


ドイツ占領下のパリ。
女優マリオンは、
南米に逃亡したユダヤ人で、支配人兼演出家の夫の代わりに、
モンマルトル劇場を切り盛りしていることになってはいた。
しかし、夫ルカは劇場の地下に潜み、
夜の妻の訪問だけを楽しみに国外脱出の機会を待つ身だった。
相手役ベルナールはどうもレジスタンスと通じているらしい。
そして新作『消えた女』は好評を持って迎えられるが、
評論家ダクシアは芝居をユダヤ的と非難したのだ。。。。。

No.63.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


なんといってもカトリーヌ・ドヌーヴが綺麗♪
いろいろあるけど、わりと好きな作品です。
ジェラール・ドバルデューって何度観てもカッコ良いとは思えないけど。。

| 映画(アメリカ) | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。