PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

フライド・グリーン・トマト

フライド・グリーン・トマト フライド・グリーン・トマト
メアリー・スチュアート (2004/10/22)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る

FRIED GREEN TOMATOES
1991年 アメリカ
監督 : ジョン・アヴネット


アメリカ、ジョージア州。
中年の主婦・エヴリンはある日、
夫のおばのお見舞いに出かけた老人ホームで
ニニーという老女と知り合いになります。
彼女の語る昔話は、
1920~50年代、アラバマ州南部の閉鎖的な田舎町のお話。
名物料理のフライド・グリーン・トマトでにぎわうカフェを
切り盛りするイジーとルースの物語は、
エヴリンをすっかりとりこにしてしまうのです。。。。。



過去の物語を語り聞かせながら
現代に絡ませていく時間構成は見事です。
回想シーンでは自分もエヴリンと一緒に
ニニーのそばで物語を聞いているようでした。
古い風習を無視して自分らしく生き、
黒人のために無償で料理を提供したイジーとルース。
時代に逆らって大胆に生きた二人の姿には脱帽です。
障害を持って生まれたきた我が子へのイジーの思い、
ルースの臨終のシーン、、などホロッとくる場面も多々ありました。
現代のエヴリンについても共感できる部分や笑える場面があり、
楽しかったです。

実はこの作品、
はるか昔にレンタルビデオで観た事があるのですが、
当時はまだ若くて共感できるものが全くありませんでした。
今、改めて観てみると、素敵な作品だったんですね。
ある程度年齢を重ねた女性には、
印象深い作品となるのではないでしょうか。。。
しかし“フライド・グリーン・トマト”って、、、
あんまり食べたいと思わないのは、私だけ??
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 04:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/97-85addf12

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。