PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

マン・オン・ザ・ムーン

a_10.jpgマン・オン・ザ・ムーン
MAN ON THE MOON
1999年 アメリカ
監督 : ミロス・フォアマン 


人を笑わせるのが好きなカウフマンは、
ライブハウスを転々としながら細々と
コメディアンを続けていました。
ある日業界人の目に留まり、
人気番組の「サタデー・ナイト・ライブ」に出演します。
これをきっかけに一躍人気者となったカウフマンですが、
次第に彼のギャグはエスカレートして周囲から孤立するように。。。。。
35歳で他界した実在のコメディアン、アンディ・カウフマンの
孤独でおかしくも哀しい生涯を綴った人間ドラマ。


. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .




アンディ・カウフマンというコメディアンを知らないので
何とも言いようがないのですが…。
ジム・キャリーの成りきり振りには目を見張るものがありました。
ただ、有名人の破天荒な生涯を描いた作品はいくらでもあるので、
淡々と進むストーリー展開には正直退屈しました。。

終盤、カウフマンのお葬式シーンでは、
自己流のギャグにこだわって周囲を振り回していたカウフマンが、
実は平和&幸せを求めたごく普通の人だった・・・とわかりちょっぴりジーンとしました。

エンディングの1年後、、あの演出は粋でしたね。
カウフマンが作り出したキャラクター“トニー”は一体誰が演じていたのでしょう?
相方さんは客席にいたような気がするのですが…。

No.45.2oo6
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 11:47 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/86-9f3c1602

TRACKBACK

今日ははよ帰るで~v(^ ^)v

いやぁ、ひと仕事終わりました。さあて、ここからは「やすだの“これ、ええんちゃうのん”」やすだが独断と偏見により探し出した“これ、ええんちゃうのん”という一品を紹介するコーナー。記念すべき第一回目の“これ、ええんちゃうのん”は無難に映画....

| 株式会社シースカイ~社員たちのBlog~ | 2006/07/12 22:57 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。