PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

モディリアーニ 真実の愛

a_01.jpgモディリアーニ 真実の愛
MODIGLIANI
2004年 アメリカ・ドイツ・フランス・
イタリア・ルーマニア・イギリス
監督 : ミック・デイヴィス
 

1919年のパリ、モンパルナス。
カフェ“ラ・ロトンド”には毎晩芸術家たちが集まり、
お酒や煙草を楽しみながら議論にふけっています。
そこには既に成功を収めたピカソのほか、全く絵の売れない異端児・モディリアーニもいました。
モディリアーニは貧困と肺の病に耐えながら自身の芸術を模索しています。
そんな彼を美しい妻ジャンヌは献身的に支えるのです。
ある時、優勝すれば多額の賞金とキャリアが与えられる
美術コンテストが開催される事になりました。
モディリアーニは家庭を困窮から救うため、またライバルであるピカソに打ち勝つため、
コンテストへの出品を決意するのですが。。。。。


. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .



悪くはないのですが満足もできない…微妙な後味の映画でした。
モディリアーニ役のアンディ・ガルシアは中年太りですし(困窮した感じは全然ナシ)、
何よりパリが舞台のはずなのにその雰囲気は全く感じられません
その辺りが消化不良の原因の1つなのだろうと思います。

ピカソ、ルノワール、ユトリロ、キスリングなど魅力的な登場人物が目白押し…。
生前に芸術家として大成して巨万の富を得たルノワール、ピカソと、
世間に認められず困窮生活を送るモディリアーニ、ユトリロらの、
あまりにも対照的な生活振りは印象的でした。
死後に評価を受けた芸術家は本当に気の毒です。。

最愛の妻ジャンヌこそがモディリアーニの芸術の源泉だったよう。。
この2人の関係、モンパルナスの灯でも観てみたくなりました。

No.41/2oo6
スポンサーサイト

| 映画(合作) | 01:40 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/79-669cad4c

TRACKBACK

映画『モディリアーニ 真実の愛』

原題:Modigliani第一次世界大戦後のパリ・モンパルナスに、スーチン、リベラ、キスリング、ユトリロ、ピカソ、そしてモディリアーニ、若き芸術家達が集う悲劇の物語。 アメデオ・モディリアーニ(アンディ・ガルシア)と妻ジャンヌ・エビュテルヌ(エルザ・ジルベルスタン)の

| 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ | 2006/07/15 02:00 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。