PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

北京ヴァイオリン

北京ヴァイオリン/TOGETHER  公式サイト>>>
2002年 中国
監督 : チェン・カイコー


中国北部の田舎町。
13歳のチュンは父と2人暮らし。
チュンは母の形見のヴァイオリンを上手に弾き、
近所ではヴァイオリンの名手として話題になっていました。
父・リウは息子にアカデミックなヴァイオリン教育を受けさせ、
一流のヴァイオリニストにしようと必死に働いて資金を貯めています。
そんなある日、2人はコンクール出場のために北京へとやって来ます。
惜しくも5位に終わったチュンでしたが、
息子の才能を確信したリウは有名な先生の個人授業を受けさせるため
北京に引っ越すことを決意します。
そして、風変わりなチアン先生の情熱的な指導の下、
チュンも練習に励むのでしたが。。。。。



文化大革命の中国では西洋文化に触れるチャンスが限られていたそうで、
レッドバイオリンでは弦楽器を焼き払うシーンもあり衝撃的でした…。
この映画はその後の時代の中国が舞台となっています。
クラシック音楽界へ駆け上ろうとする親子・師弟の愛情、
思春期の少年の心理など盛りだくさんに描かれています。
チュンの生い立ちはあまりにもドラマチックでビックリしました

ワタシ的にはチアン先生との交流が印象的でした…♪
音楽は人との出会いがとても重要だと感じているので、
チアン先生の教え、別れのシーンは涙ナシでは見られませんでした。。

監督のチェン・カイコー自身も、
セレブなユイ教授役で登場しているのは見どころ!
ハマり役で良い味を出しています。。
スポンサーサイト

| 映画(アジア) | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/68-0ba88b73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。