PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛と喝采の日々

愛と喝采の日々/THE TURNING POINT
1977年 アメリカ
監督 : ハーバート・ロス


プリマとして頂点に立つエマと、
結婚してバレエ界を引退したディーディー。
親友でありライバルでもあった2人は
アメリカン・バレエ・シアターの公演がきっかけで
約20年ぶりに再会します。
その後、ディーディーの娘・エミリアはエマの推薦でABTに入団。
エマはエミリアを可愛がるようになります。
そんな2人にディーディーは嫉妬するようになるのです。
ガラ公演でエマとエミリアが大成功を収めた晩、
ディーディーとエマは激しく対立し。。。。。



バリシニコフがメチャクチャ若いですー!
今更ながら海賊でのジャンプ力にビックリ!!
レスリー・ブラウンも初々しくてかわいいです
ドンキのグランパは映画であることを忘れて見入ってしまう程でした♪
本題である2人の熟女の葛藤ですが、シャーリー・マクレーン演じる
嫉妬に燃えて醜い姿をさらけ出すディーディーがハマリ役で圧巻です。
「今の私が一番好き......。」と、
自信を持って言える自分になりたいものです。

この映画を観たら、以前から観たいと思っていた「赤い靴」が
猛烈に観たくなりましたーーっ!!
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/52-374840e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。