PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふたりの5つの分かれ路

ふたりの5つの分かれ路/5×2
公式サイト  >>>

2004年 : フランス
監督 : フランソワ・オゾン


久々に再会して離婚手続きを終えたマリオンとジル。
ふたりはその後、ホテルで肌を重ねます。
しかし、お互いにもう引き返せない深い溝を感じるのです。
結論は変わらないとわかり、マリオンは部屋を後に。。。。。



酷評する人もある中、私は好きな作品でした。
なぜ2人は離婚することになったのか…、
今回も観る側に考えさせるあたりはやっぱりオゾンだと思います。

“5つの分かれ路”となる離婚、特別なディナー、出産、結婚式、出会いのシーンを、
時間を逆に辿りながら物語は進みます。
同じ出来事でも5シーン×2人=10通り…当たり前だけど2人の感じ方は違ったのです。
大きな分岐点となったこの5つの出来事以外にも、日常のわずかな気持ちのすれ違いが積もって
気づいた時には2人が全く違う方向を向いていたのでしょう。
結婚生活に未練の残るジル、最後に「やり直せないか…?」とマリオンに問いかける場面では
男性の弱さ、情けなさが滲み出ていました。。

映画のラストシーンは2人の出会いで、グッときました♪
始まりは海と同じようにキラキラ輝いていて、2人とも幸せになれると信じて一緒になったのに。。
既婚の方、失恋を経験した事のある人にお奨めのとっても切なくなる映画でした。

No.25/2oo6
スポンサーサイト

| 映画(フランス) | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/4-7f3edf0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。