PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

まぼろし

まぼろし/SOUS LE SABLE
2001年 フランス
監督 : フランソワ・オゾン


マリーとジャンは結婚して25年が経つ50代の夫婦。
子供はいないけれど幸せな生活を送っています。
今年の夏も毎年恒例のバカンスを楽しむため、
フランス南西部・ランド地方の別荘にやって来ました。
マリーが浜辺でうたた寝をしている間、ジャンは海に泳ぎに行きます。
目覚めるとジャンはまだ海から戻っていない…。
必死に探すマリー、、しかし大捜索にもかかわらずジャンは行方不明のままでした。
数日後、マリーはひとりパリへと戻るのですが。。。。。



先日、「ふたりの5つの分かれ路」のラストシーンを観ていたら、
なぜか無性にもう一度「まぼろし」を観たくなりました。
TSUTAYAに返却に行ったついでに再度レンタルです♪

この映画を観ている間は時間が静かに流れる気がします。
25年連れ添った伴侶が突然姿を消し、その事実を認められないでいるマリー。
彼女に共感する部分がたくさんあるのも魅力です。
夫の死を徐々に受け容れていくマリー…
認めた途端に嗚咽が止まらなくなる場面では私もまた涙です
幻影で現れるジャンがまぼろしなのか、そもそも2人の夫婦生活がまぼろしだったのか、
余計な謎解きを考えてしまうのもオゾンならでは。。。

幸せ一杯な「ふたりの5つの分かれ路」の海、
悲しみ溢れる(…あれは悲しみを乗り越えたのかなぁ。)「まぼろし」の海、、
どちらも素敵でまたグッと来ちゃいました♪

No.28/2oo6
スポンサーサイト

| 映画(フランス) | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/3-204b6c0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。