PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピエロの赤い鼻

ピエロの赤い鼻 ピエロの赤い鼻
ジャック・ヴィユレ、アンドレ・デュソリエ 他 (2006/04/28)
ハピネット

この商品の詳細を見る

EFFROYABLES JARDINS
2003年 フランス


1960年代のとあるフランスの田舎町。
小学校教師のジャックは、毎週日曜日になると、
赤い鼻をつけたピエロとなり、公民館で人々を笑わせるのが日課となっていた。
14歳になる息子リュシアンは、大好きなパパのそんな姿がいやでたまらない。
この日も満席の観衆を前に、
おどけたピエロを演じて喝采を浴びている父を見て
やりきれない気持ちのリュシアン。
するとそこへジャックの古くからの親友アンドレが声を掛けてきた。
アンドレはジャックがピエロになる本当の理由をリュシアンに優しく語って聞かせる。
それは美しく、そしてあまりにも悲しいドイツ占領下の記憶だった。。。。。

No.45.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


鑑賞後に温かいものが広がる素敵な作品でした。
心のある人間でありたい…とつくづく思わされます。。
スポンサーサイト

| 映画(フランス) | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/279-24654f8c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。