PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

神経衰弱ぎりぎりの女たち

神経衰弱ぎりぎりの女たち 神経衰弱ぎりぎりの女たち
アントニオ・バンデラス (2002/09/06)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

MUJERES AL BORDE DE UN ATAQUE DE NERVIOS
1987年 スペイン
監督:ペドロ・アルモドバル


夜のマドリードの一角。
そのベンチに一人の女性が腰を下ろした。
彼女ペパ・マルコスは不眠症に加え妊娠の可能性に苛立ち、
何年も一緒に暮らしてきた男から突然別れ話を留守電に録音され、
もうキレる寸前の状態だった。
ペパは男が20年以上も昔に付き合っていた中年女、
ルシアのアパートの前までやって来て、
窓からライバルの様子を覗き見しようと決意するのだが。。。。。

No.27.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


ありがちですね~~。
しかし、アルモドバルの女心の描写って、なんて絶妙なんでしょう。。
ゲイだからこその観点なのかしら?!
今度ガスパッチョを作ってみたくなりました♪
アルモドバル風ブラック・コメディ…という感じでした。
スポンサーサイト

| 映画(スペイン) | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/256-1feaf5ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。