PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

僕と未来とブエノスアイレス

僕と未来とブエノスアイレス 僕と未来とブエノスアイレス
ダニエル・エンドロール (2006/08/25)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

EL ABRAZO PARTIDO
2004年 アルゼンチン・フランス・イタリア・スペイン
監督 : ダニエル・ブルマン


アルゼンチン、ブエノスアイレス。
オンセ地区にある下町風情の残る小さなガレリア(アーケード商店街)で
母が営むランジェリーショップを手伝う青年アリエル。
彼は人情味溢れたこのガレリアに居心地の良さを感じつつも、
未来を見出すことのできない現状に漠然とした不満も抱えていた。
そこでアリエルは、祖父母の祖国ポーランドの国籍を取得し
ヨーロッパへ移住しようと考えていた。
そんなある日、アリエルが生まれて間もなく
イスラエルの戦争に行ったきり戻ってこなかった父エリアスが、
突然帰ってきたのだった。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


異国文化を体感したかったのですが、
ブエノスアイレスの街並みはあまり出てきません。
カット割りが多いせいか全体に動きがあるけど、脚本に必要な動きなのかどうかは疑問。
家族愛がテーマのほのぼのストーリーでした。

No.5.2oo7
スポンサーサイト

| 映画(合作) | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/226-98b194d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。