PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ、家族のいる風景

アメリカ、家族のいる風景 アメリカ、家族のいる風景
サム・シェパード (2006/08/25)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る

Don't Come Knocking
2005年 ドイツ・アメリカ
監督 : ヴィム・ヴェンダース

かつては西部劇のスターとして鳴らしたものの、
いまやすっかり落ちぶれてしまった俳優ハワード・スペンス。
突然すべてに嫌気がさした彼は、撮影現場から逃亡、
カウボーイの衣装のまま荒野の中に馬を走らせていた。
やがて彼は家を飛び出して以来30年近く帰っていなかった母親のもとへと向かった。
突然の帰郷にも息子を温かく迎える母。
そして彼女はハワードに思いがけない事実を告げる。
20数年前、若い女性からハワードの子供を身ごもったとの連絡があったというのだ。
まだ見ぬ子供の存在を知ったハワードは、
かつて関係を持ったウェイトレス、ドリーンのもとを訪ねるのだったが。。。。。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

途中からどこかで見たことのある展開に…。
そうです、『ブロークンフラワーズ』に似ているのです!
でもあちらより地味な存在のこの作品。
いろいろな葛藤が描かれていますが、生きているだけで幸せ、、
なんて思えてくる後味でした。

No.2.2oo7
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/223-82a4e091

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。