PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドア・イン・ザ・フロア

ドア・イン・ザ・フロア ドア・イン・ザ・フロア
キム・ベイシンガー (2006/06/23)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

HE DOOR IN THE FLOOR
2004年 アメリカ
監督 : トッド・ウィリアムズ


海辺の家に住むテッドと妻マリアン。
4歳の一人娘ルースとともに何不自由のない生活を送っています。
しかし、数年前の或る事件以来マリアンは心を閉ざしたままなのです。
夫婦はダウンタウンに新しく部屋を借り別居生活を始めます。
その夏、テッドは作家志望の高校生エディを助手として雇います。
期待に胸を膨らませてやって来たエディは、
出迎えた美しいマリアンに一目惚れし、
少しずつ一家の悲しい過去を知っていくのです。。。。。


ジョン・アーヴィングのベストセラー「未亡人の一年」前半部分の映画化。

全体的にどんよりしたムードの漂う作品でした。
悲しみのどん底で右往左往しているマリアン。
彼女が単なる雌動物にしか見えず、そこがまた悲しかったです。
この夫婦がお互いを理解していたのか、それとも何もわかっていなかったのか。
夫婦といえども他人、、手助けはできるけど、這い上がるのは自力でないと。
マリアンの選択は道義的に許されないけど、
彼女個人にとっては正しい選択だったのかもしれません。

ラストのスカッシュコートの床のドア…テッドはあそこで何を?

No.81.2oo6
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/200-a889b982

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。