PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヴェラ・ドレイク

ヴェラ・ドレイク/VERA DRAKE
公式サイト  >>>

2004年  イギリス・フランス・ニュージーランド
監督 : マイク・リー


1950年、冬のロンドン。
平凡な主婦ヴェラ・ドレイクは、
自動車修理工場で働く夫と2人の子供達と暮らしています。
家政婦として働きながら、近所で困っている人がいるとさり気なく世話をするヴェラ。
心優しい彼女の存在は、
家族だけでなく周囲の人々の気持ちを明るく和ませていました。
そんなある日、家族が集まってお祝い事をしている最中に警官が訪ねて来ます。
ヴェラ・ドレイクに話がある、と…。
実は、ヴェラには家族にも打ち明けられない秘密があったのです。。。。。



重いテーマをじっくり描いた映画でした。
善良で正義感の強い主婦が一転して犯罪者となり、家族共々過酷な運命を背負う物語です。
当時の法律では絶対に許されなかった中絶…。
望まない妊娠で困っている若い娘達に対して、ヴェラは家族に内緒で手助けをしていたのです。
ヴェラの善意は結果的に家族や周囲を傷付け、裏切ることになります。
テーマがテーマなだけに全体に悲壮感が漂いますが、
その分ヴェラを信じて待つ家族の強い絆には殊の外温かさを感じました。

ヴェラ役のイメルダ・スタウントンはどのシーンも迫真の演技で圧巻です!
こんなに上手い女優さんがいたとは…すっかり感服しました。
(“恋におちたシェイクスピア”にも出演していたようですが、私は全く気付きませんでした
ちなみに2004年のアカデミー主演女優賞、
ヴェネチア国際映画祭では金獅子賞、主演女優賞を受賞した作品です。

No.27/2oo6
スポンサーサイト

| 映画(合作) | 17:21 | comments:2 | trackbacks:6 | TOP↑

COMMENT

コメントありがとうございます♪
ヴェラはぷるぷる震えたり、号泣したり…が全くわざとらしくなく、リアルでしたね。
私もホロッときました。。

| えみり* | 2006/03/11 19:37 | URL | ≫ EDIT

TBありがとうございました(*^-^*)
イメルダ・スタウントンの演技はホントに素晴らしかったです
思わずもらい泣きしました(┯_┯)

| cherry@Cinemermaid | 2006/03/10 18:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/2-2db3156b

TRACKBACK

映画鑑賞感想文『ヴェラ・ドレイク』

さるおです。 『VERA DRAKE/ヴェラ・ドレイク』を観たよ。 監督・脚本は『NAKED/ネイキッド』『SECRETS & LIES/秘密と嘘』『人生は、時々晴れ』のマイク・リー(Mike Leigh)。 出演は、ヴェラ・ドレイク役に『SENSE AND SENSIBILITY/いつか晴れた日に』『SHAKESPEARE IN

| さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー | 2006/10/09 22:13 |

映画『ヴェラ・ドレイク』

原題:Vera Drake優しさゆえに犯した罪、それでも法が法であるために、そして哀しくも見せしめと言われ、彼女は2年6ヶ月の禁固刑を受け入れた・・それでも幸せな彼女・・ 1950年イギリスはロンドンの下町、決して裕福ではないが、家族とともに幸せな日々を暮らすヴェ

| 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ | 2006/09/23 14:00 |

ヴェラ・ドレイク

『秘密と嘘』のマイク・リー監督の作品。単館での公開で、映画館は連日満員だったらしい。DVDで鑑賞。1950年のロンドン。労働者階級の平均的な主婦、ヴェラ・ドレイクは愛する夫、息子と娘に囲まれ、小さなアパートで暮らしていた。病気で動けない近所の人たちを訪

| 映画、言いたい放題! | 2006/08/02 11:25 |

『ヴェラ・ドレイク』’04・英・仏・ニュージーランド

あらすじ1950年のイギリス。ヴェラ・ドレイク(イメルダ・スタウントン)は労働者階級の人々が暮らす界隈で、愛する夫、息子と娘に囲まれて病気で動けない近所の人たちを訪ねては甲斐甲斐しく世話を焼き家族団欒の時間を大切にし、いつも笑顔を絶やさない。しかし、そ..

| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2006/04/26 23:48 |

ヴェラ・ドレイク

中絶・・・賛否両論があるだろうけど、もしもあなたが女性で、お金も無く家族にも言えない子供を身ごもってしまったらどうする?そんな問いかけが聴こえてきそうなシビアな人間ドラマだ

| Cinemermaid | 2006/03/10 18:38 |

DVD「ヴェラ・ドレイク」

1950年、冬のロンドン。よき妻、よき母、自分の母親の介護や近所の人の介護までする人に一生懸命尽くす素敵な女性ヴェラ・ドレイク。しかし、家族にも打ち明けられない秘密が、、、妊娠し出産が出来ない女性のために堕胎の手助けをしていた。。。前半は、夫を愛する...

| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/03/10 10:30 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。