PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロシュフォールの恋人たち

a_33.jpgTVを見ていると、気になるCMソングを耳にして
一瞬固まってしまうことはありませんか?
私は結構よくあるのです。。

もう何年も前になりますが、
ビッグバンド風のジャズ曲が流れて
ふとTV画面を見ると車のCM。
「あれっ、この曲何だったかな?」
その時すぐには思い出せなかったのであります。
しかし、ある日 ポンッ! と思い出しました。
…ロシュフォールじゃんっ!!

ロシュフォールはフランスの港町の地名です。
正しい曲名はジャック・ドゥミの映画ロシュフォールの恋人たちの中の「キャラバンの到着」。
港に到着したばかりの若者達が繰り広げる、勢いのあるダンスシーンで使われる曲なのですが、
この場面のジーン・ケリーとジョージ・チャキリスのダンスが
それはそれは見事な切れ味なのであります。
カトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックのデュエット&衣装もステキです*
このミュージカル映画のナンバーはどれもロマンティックでおしゃれ!
私のイチオシは「You Must Believe In Spring」です。


車のCMといえば、今年の春先にも気になる音楽が流れていました。
ジャズシンガーのカーメン・ランディがカバーした風のささやきです。
映画「華麗なる賭け/The Thomas Crown Affair」の主題歌として有名な曲ですが、
懐メロ(?)もアレンジ次第で雰囲気が変わるという事を実感しました。



a_36.jpgこの2曲、いずれもミッシェル・ルグランによる楽曲なのです。
クラシックを基盤にジャズ、ポップス、映画音楽と
幅広いジャンルに渡り、現在もなお第一線で活躍する
フランスを代表するミュージシャンです。

何枚かアルバムを持っていますが、
私の一番のお気に入りはMichel Plays Legrandです。
特におススメなのは、
ジャズのスタンダードにもなっている2曲目の「これからの人生」、
そして先に挙げた「You Must Believe In Spring」(7曲目)と、ラストの「風のささやき」。

ルグラン自身のピアノソロによる「You Must Believe In Spring」は味わいがあって素敵です*
「風のささやき」はアルバムの締めに相応しいアップテンポのアレンジ。
どちらも聴いて損はしないですよ。(CDのお値段もお買い得♪)
スポンサーサイト

| 音楽 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/183-f97d09be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。