PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドッグヴィル

a_29.jpgドッグヴィル
DOGVILLE
2003年 デンマーク
監督 : ラース・フォン・トリアー


ロッキー山脈の麓に孤立する村ドッグヴィル。
ある日静かなこの村に銃声が鳴り響きます。
その直後に美しい女性グレースがやって来るのです。
ギャングに追われる彼女を隠し、その場を切り抜けるトム。
彼は翌日、村人たちにグレースをかくまうことを提案します。
そして“2週間で村人全員に気に入られる”ことが条件となり、
トムの計画に従って肉体労働を始めるグレースなのですが。。。。。


. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .



マンダレイを観る前に第1作のこちらを見ておかねばっ、、、、と
遅ればせながらやっと鑑賞した作品です。

予備知識なしだったので序章から第1章に場面が移っても、
「いつになったら話が始まるのぉ?」と頭の中が?マークだらけでした。
映画というより、舞台を見ている感覚になる時があります。
ロケーションやセットにお金をかけなくても、
こんなに核心を掘り下げた作品ができてしまうとは…目からウロコでした。
当然CGも皆無なわけで、、、ラース・フォン・トリアー監督、恐るべしです。

人間って愚かだなぁ。。集団になると恐ろしい。
大なり小なり世界中どこにでも似たようなことは起こっているでしょう。
この映画を観ると自分の信念を貫き通す勇気を持ちたいっ!…と痛感するけど、
生きていくためにはそれもままならない状況にいる人達も大勢いるわけで、
つくづく自分は平和な日本に暮らす、幸せな人間なんだと感じました。

鑑賞後の意見が分かれる映画ですが、衝撃的であることには間違いないです。
3部作全てを観て、感じて、、自分なりに考えたい。。
映画はエンターテインメント♪と考える人にはおススメできません…
(きっと落ち込んじゃいますよ。)

No.67.2oo6
スポンサーサイト

| 映画(その他欧州) | 10:42 | comments:2 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

なんか、ものすごく考えさせられる映画でした。
タイムリーなことに、身近である人をここぞとばかりに叩く行為を目の当たりにしたばかりなので、
身につまされて暗~くなりました。。
排他的な社会ってコワイですね。
自分が流されてしまうことはもっと怖い、、、と感じました。

| えみり* | 2006/06/27 23:15 | URL | ≫ EDIT

落ち込みました
私、本当にこれを見た後は、どんよりとしました。
もし自分もあの場にいたら・・・と思うと恐ろしいです。
きっと、他の人と同じことしていたのかも。。。

あのセットはすごかったですよね。
壁がない分、いつでもどこでも見ているんだぞ。
っていう感覚で、なおさら怖かったです。

| ミカ | 2006/06/26 18:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/177-90a6f10a

TRACKBACK

ドッグヴィル

映画の冒頭からして、私は間違えてレンタルしてしまったと思いました。これは今までに観た事がない映画だったんです。映画は第一幕から始まっていくのですが普通の映画とはぜんぜん違いました。床に白の線が引いてあるだけの家や道。その中に家具などが置いてあるだけのセ..

| あくり | 2006/06/30 02:01 |

ドッグヴィル

ドッグヴィル DOGVILLE監督 ラース・フォン・トリアー出演 ニコール・キッドマン ポール・ベタニーデンマーク 2003

| Blossom Blog | 2006/06/26 18:11 |

『ドッグヴィル』

21.ドッグヴィル製作年度 2003年 製作国・地域 デンマーク 監督 ラース・フォン・トリアー 脚本 ラース・フォン・トリアー 出演 ニコール・キッドマン お勧めロッキー山脈の麓にある村ドッグヴィル。15名しかいないこの村は皆正直者で仲が良かった。...

| Movie Road -映画道- | 2006/06/23 11:49 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。