PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

春にして君を想う

春にして君を想う / ギスリ・ハルドルスン


春にして君を想う
(F・T・フリドリクソン監督/1991年・アイスランド/ドイツ/ノルウェー)
を観ました。

農場でのひとり暮らしに限界を感じ、
老いた愛犬を撃ち殺して優しく墓に埋める老人の姿が…何とも痛ましかったです。
それ程の覚悟で故郷を後にしたにも関わらず、
頼りにした娘一家には無下に扱われ老人施設へ収容される。。
うぅっ、どこの国も同じ問題を抱えているのですね。
その施設で偶然再会した女友達と、
盗んだジープで逃亡するロードムービーです。。

アイスランドの風景は切ないほど美しく、幻想的です。
孤独・死・不安とテーマは重いのですが飽きさせません。
ラストの終わり方も良かったです…。

ちなみにモントリオール映画祭芸術貢献賞、サンレモ映画祭主演男優賞、
アカデミー賞外国映画賞ノミネートの作品です。
スポンサーサイト

| 映画(合作) | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/132-c5bc4cee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。