PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

シカゴ

シカゴ シカゴ
レニー・ゼルウィガー (2007/02/09)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

CHICAGO
2002年 アメリカ
監督 : ロブ・マーシャル
原作 : ボブ・フォッシー
音楽 : ジョン・カンダー
    ダニー・エルフマン 


舞台は1920年代のシカゴ。
主人公のロキシーはショービジネスの世界で
スターになる事を夢見る元バックダンサー。
キャバレーで歌えるよう口利きしてくれる…と約束していた
愛人に騙されていたと知り、逆上のあまり愛人を撃ち殺してしまいます。
収監された刑務所で出会った
かつてのキャバレーの人気スター、ヴェルマとは
互いに嫉妬し合う犬猿の仲なのですが。。。。。


フォッシーの舞台ミュージカル“シカゴ”を
ロブ・マーシャル監督が劇場版にリメイクしたものです。
想像していたよりは、全体的に歌もダンスも良かったです。
中でも、囚人達が身の上を語るタンゴ・ダンスは印象的でした。
腹話術人形+操り人形のレビューも面白かった。
何と言ってもキャサリン・ゼタ=ジョーンズの歌唱力には驚きました!!
オープニングの“AND ALL THAT JAZZ"が特にステキ~♪
クイーン・ラティファとのデュエットでも負けてなかったです。

それにしても、主役のロキシーに『ブリジット・ジョーンズ~』の
レニー・ゼルウィガーっていうのは…ミスキャストでしょう。。
完全にキャサリンの引き立て役になっています。


まさにエンターテイメント!と呼ぶにふさわしい映画でした。
深いメッセージは一切ないので、
何も考えずに楽しんで観るのが一番だと思います。
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/122-136b6cab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。