PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガタカ

ガタカ [SUPERBIT(TM)] ガタカ [SUPERBIT(TM)]
イーサン・ホーク (2006/12/20)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

GATTACA
1997年 アメリカ
監督 : アンドリュー・ニコル
音楽 : マイケル・ナイマン


遺伝子工学が発展した近未来。
社会は遺伝子の優劣のみで人間を判断していました。
新生児は受精の段階で遺伝子操作が行われ、
優秀な人材のみに選別、出産されるようになります。
主人公ヴィンセントは両親の意向で
遺伝子操作なしの"神の子”として誕生します。
しかし、劣性遺伝子であるために
希望のない生活を余儀なくされるのです。
やがて宇宙飛行施設"ガタカ"に清掃員として潜り込んだヴィンセントは、
エリートに成りすますための闇業者があることを知ります。
その業者を利用して、事故のために身障者となった元エリート、
ジェロームとしてガタカに入社したヴィンセントですが、
ある日、彼の正体を疑った上司が殺害されてしまい。。。。。



努力と根性で実力を身に付けても、
遺伝子検査で優劣が判別され、機械的に勝敗が決まる社会。
いつかそういう未来が来るのかも…と考えると恐ろしいです。
ジェロームの最後は悲しいですね
ジェローム役のジュード・ロウが存在感のある演技で光っています。
努力次第で未来は変わると信じるヴィンセント、
ジェロームから託されたヴィンセントの人生が幸せであるよう
願わずにいられません。

印象に残ったのは12本指のピアニストのシーン。
ピアニストになるべく指の数を遺伝子操作した人間、
ということなのでしょう。
演奏曲がシューベルトの即興曲3番なのはナゼ?でしたが、
(数箇所オブリガートが入りアレンジはされていましたが、
もっと超絶技巧な選曲にしたほうが説得力があったような。。)
意味もなく羨ましく思いました♪
…浅はかな私です。(だって、指がもつれそう。)
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 18:18 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/112-eddfec64

TRACKBACK

ガタカ

自ら監督、脚本をこなしたアンドリュー・ニコルの長編映画デビュー作「ガタカ」。 近未来の社会を描くSFだが内容はヒューマンドラマといっても言い。 遺伝子工学の発達で、人の遺伝子までも操作できるようになった社会では、産れる前に劣性遺伝子を排除し優秀な遺伝子...

| Patsaks | 2008/07/20 13:34 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。