PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

クローサー

クローサー クローサー
ジュリア・ロバーツ (2007/02/16)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

CLOSER
2004年 アメリカ
監督: マイク・ニコルズ


ある日のロンドン、
小説家志望の記者・ダンは
ニューヨークから来たばかりの
アリスと出会い同棲を始めます。
小説の出版が決まったダンは
著書用の写真を撮ってくれた写真家・アンナに一目惚れし、
彼女もダンに惹かれるのですがアリスのことを思って身を引きます。
半年後、チャット上でのダンのいたずらにより、
医師・ラリーは偶然アンナと出逢うのですが。。。。。



ダミアン・ライスのテーマ曲が印象的です。
モーツァルトのオペラ、
「コシ・ファン・トゥッテ」からの数曲もバックに流れていて、
男女4人の複雑な恋愛関係をスタイリッシュに描いています。
恋人や配偶者がいながら、
別の相手に惹かれてしまう人間の弱さを感じました。
コシ・ファン・トゥッテを知っている人なら選曲といいストーリーといい
「なるほど!」と思うことでしょう♪

この映画、賛否両論あるようですが、私は好きです。
えげつないセリフにはビックリですが、
映像自体には一切そういう行為の場面がないんですよね。
4か月後、1年後etc…と突然話が進んでいて、
その度に4人の関係が少しずつ変わっているところもまた面白いです。

ダン役のジュード・ロウの情けなさはお見事です!
したたかなラリー役のクライヴ・オーウェンも上手いですねぇ。
ナタリー・ポートマン扮するアリスは、
潔くて自分に正直で格好良かったです。
パスポートの場面と、
ラストのポストマンズ・パークの場面ではグッと来ました…♪
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tea42.blog56.fc2.com/tb.php/109-b212b193

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。