2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

春にして君を離れ

春にして君を離れ (クリスティー文庫) 春にして君を離れ (クリスティー文庫)
アガサ・クリスティー (2004/04/16)
早川書房

この商品の詳細を見る


優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。
しかし、娘の病気見舞いを終えて、
バグダッドからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、
それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を抱きはじめる。。。。。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


ミステリーではありません。
それよりもっとコワい…心底恐ろしいです。
女性としての生き方を考えさせられました。
スポンサーサイト

| 読書 | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

裸足の1500マイル

裸足の1500マイル 裸足の1500マイル
ピーター・ガブリエル、ジェレミー・トーマス 他 (2005/07/16)
アット エンタテインメント

この商品の詳細を見る

RABBIT-PROOF FENCE
2002年 オーストラリア
監督:フィリップ・ノイス


1931年、西オーストラリアのジガロング。
14歳のアボリジニの少女モリーは、8歳になる妹のデイジー、
従姉妹で10歳のグレーシーたちとここで楽しく平穏な毎日を送っていた。
ところがある日、アボリジニ保護局の人間がやって来て、
時の政府の政策に従って彼女たちを拘束、母親から引き離して施設に強制収容するのだった。
粗末な環境下で、白人社会へ適応するための厳しい教育が始まる。
ある時、たまりかねたモリーたちは厳重な監視をかいくぐり脱走する。
そして、延々続くウサギよけフェンスの先にある
母の待つ故郷へ向けて1500マイルの遥かなる旅路を歩き始めるのだった。。。。。


No.51.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


こんな事が本当にあったなんて、、
無知な自分が恥ずかしくなりました。

| 映画(オーストラリア) | 04:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルーベルベット 

ブルーベルベット 特別編 オリジナル無修正版 ブルーベルベット 特別編 オリジナル無修正版
フレデリック・エルムス、カイル・マクラクラン 他 (2006/10/27)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

BLUE VELVET
1986年 アメリカ
監督: デヴィッド・リンチ


ノース・キャロライナ州ランバートン。
製材が主産業ののどかな町。
よく晴れた日、大学生のジェフリーは、
庭仕事をしていて突然異常な発作に襲われた父を見舞った病院からの帰り道、
野原で異様な物を見つけた。手に取ってみると、
それは何と切り落とされた人間の片耳だった。。。。。

No.50.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


その昔、あんなに衝撃的だったこの作品も、
今観ると「あれぇ~。こんなモンだった?」と拍子抜け。。
私も少しは成長しているのでしょうかね…。

| 映画(アメリカ) | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月とシャンパン

斜体文
月とシャンパン 月とシャンパン
有吉 玉青 (2006/04/20)
光文社

この商品の詳細を見る



30~40代女性の切ない気持ちを ギュッ、と詰め込んだ作品群。
飾らない文体はサクサク読み進んでしまい、
束の間、玉青ワールドにはまりました。

| 読書 | 16:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パンチドランク・ラブ

パンチドランク・ラブ DTSエディション パンチドランク・ラブ DTSエディション
アダム・サンドラー、エミリー・ワトソン 他 (2005/07/06)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

PUNCH-DRUNK LOVE
2002年 アメリカ
監督:ポール・トーマス・アンダーソン



No.49.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


いやぁ~、久々に微妙な印象です
最近、キレる人が多いですけどねぇーー。。。

| 映画(アメリカ) | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無人島のための音楽

無人島のための音楽 無人島のための音楽
伊藤 桂 (2003/03)
文芸社

この商品の詳細を見る



このデザインで引きましたが…(なぜこの大きさ?)
内容はそこそこ面白かったです。
ピアノやクラシックが好きな人なら、
あっという間に読み切れるないようです♪

| 読書 | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

微笑みに出逢う街角

微笑みに出逢う街角 デラックス版 微笑みに出逢う街角 デラックス版
ズビグニエフ・プレイスネル、ソフィア・ローレン 他 (2005/11/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

BETWEEN STRANGERS
2002年 カナダ・イタリア
監督:エドアルド・ポンティ


足が不自由な夫と暮らす日曜画家の主婦オリビア。
彼女は夫と穏やかな毎日を送りながらも、
秘かに芸術の都フィレンツェへの想いを断ち切れずにいた。
有名なフォト・ジャーナリストを父に持ち、
自身も戦場でのスクープ写真で『TIME』誌の表紙を飾り
華々しいデビューで将来を嘱望されるナタリア。
しかし戦場での悲惨な出来事は彼女の心に重くのしかかっていた。
チェロ奏者として活躍するキャサリン。
夫や娘と離れ離れの生活が続き、家族の溝は深まるばかりだった。
それぞれに悩みを抱えた3人の女性たちは交錯し、
やがて自分の居場所を求めて一歩を踏み出す。。。。。

No.48.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


女性の生き方を描いた作品はどれも好きな私。
こういう作品は、ある程度年を重ねていないとわからないかも…。
エンタメ重視の方にはおすすめできません。。




| 映画(合作) | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みなさん、さようなら

みなさん、さようなら みなさん、さようなら
レミー・ジラール、ステファン・ルソー 他 (2004/10/22)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

LES INVASIONS BARBARES
2003年 カナダ・フランス
監督:ドゥニ・アルカン


ロンドンで働く証券ディーラー、セバスチャンは、
ある日カナダ・モントリオールに住む母ルイーズから
彼の父の病状が悪化しているので帰ってきて欲しいとの連絡を受ける。
その父、大学教授のレミは女ぐせが悪いために、
これまでさんざん家族に迷惑をかけてきた人物。
セバスチャンは、そんな父のような人間にはなるまいと別の道を歩んできたのだった。
それでも彼は葛藤を抑え、帰国することに。
そして、父が末期ガンと知ったセバスチャンは、
“友人を呼んで楽しい病室にして”という母の頼みを聞き入れ、
さっそく行動を開始する。。。。。

No.47.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


個人的に…とても感動しました。
親を見送る方法はいろいろでしょうが、
そんな送り出し方も素敵だと感じました。。

| 映画(合作) | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・ワン

ザ・ワン スペシャル・エディション ザ・ワン スペシャル・エディション
ジェット・リー、カーラ・グジーノ 他 (2002/11/20)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

THE ONE
2001年 アメリカ
監督:ジェームズ・ウォン


No.46.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


CGが…かなり笑える~!
ジェット・リーも格好良いのかとっても微妙なんだけど、
すっかり見入ってあっという間のハッピーエンディングだった♪

| 映画(アメリカ) | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート- レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
コルム・ウィルキンソン、フィリップ・クエイスト 他 (2003/11/21)
東宝
この商品の詳細を見る



長らく放置していた舞台のメモ…久々に復活したいと思います。

さて、レミゼ鑑賞は数年ぶりのこと。。
今回は20周年記念スペシャルキャストで鑑賞してきました。


≪本日のキャスト≫
ジャン・バルジャン : 今井清隆
ジャベール     : 鹿賀丈史
エポニーヌ     : 笹本玲奈
ファンテーヌ    : 岩崎宏美
コゼット      : 辛島小恵
マリウス      : 泉見洋平
テナルディエ    : 斎藤晴彦
テナルディエの妻  : 阿知波悟美
アンジョルラス   : 岡幸二郎

鹿賀さんのジャベールは迫力がありましたよ~!
でも、、以前にジャン・バルジャン役を観ているのですが、
鹿賀さんにはバルジャンの方が合っている…と思いました。

久々に拝見したのが斎藤晴彦さん。
最近では舞台のお仕事をされているのでしょうか…。
それとも役柄に慣れてしまったのか、、以前より荒い感じがしました

岡さんが登場すると、会場はおばさま方の黄色い声&大拍手~~さすがです…。
岡さんだとどんな役柄でも、歌も演技も、、安心して観ていられます♪

いつもと同じ演出・セリフなのに、
観る度に同じ歌、同じ場面で泣けてきちゃう…舞台ってホントに素晴らしい!!

| 舞台 | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。