2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウェイキング・ライフ

ウェイキング・ライフ ウェイキング・ライフ
イーサン・ホーク (2004/08/02)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

2001年 アメリカ
監督 : リチャード・リンクレイター


青年は自分の部屋で何度も目覚めるが、
いつも夢の中にいる状態から抜け出せないでいる。
もはや夢と現実の境も分からない彼は、
完全に覚醒する方法を見出そうと外に出掛けた。
そして青年は、様々な人々に出会う。人々は彼に語りかける。
人間の存在意義、生きるとはどういうことか? 
死とは何なのか? 夢とは何か? 
我々人間は何処から来て何処へ行くのか? 
青年は、人々の次から次へと投げかける問いかけや発言に耳を傾ける。
だが、彼は何の解決も得られないまま、
再び自分の部屋で目覚めるのだった。。。。。



時間があるときにゆっくり観たいアニメ。
語りかけてくることは誰もが一度は抱いたことのある疑問…。
音楽が心地良くてお気に入りになりました♪

No.92.2oo6
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

君とボクの虹色の世界

君とボクの虹色の世界 君とボクの虹色の世界
ミランダ・ジュライ (2006/10/27)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

ME AND YOU AND EVERYONE WE KNOW
2005年 アメリカ
監督 : ミランダ・ジュライ


アーティストを夢みる高齢者タクシーの運転手、クリスティーン。
ある日彼女はショッピングモールの靴売り場で働くリチャードに恋をする。
最近離婚したばかりのリチャードも、
クリスティーンに惹かれるが、2人とも一歩を踏み出せずにいた。
そんなリチャードには2人の息子、
14歳の兄ピーターと6歳の弟ロビーがいる。
ロビーはいまチャットに夢中。
隣家には嫁入り道具をコレクションする小学生シルヴィー。
一方、リチャードの同僚アンドリューはロリコン気味で、
ピーターの同級生にちょっかいを出していた。。。。。



不器用な登場人物たちの心温まる恋愛?生活?模様…
といったところでしょうか。
ほのぼのとした雰囲気の漂うステキな作品でした。

No.91.2oo6

| 映画(アメリカ) | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白バラの祈り

白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- 白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々-
ユリア・イェンチ (2006/09/22)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る

OPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE
2005年 ドイツ
監督 : マルク・ローテムント


1943年のドイツ・ミュンヘン。
“打倒・ヒトラー”を訴え、ビラ配りなどの
レジスタンス活動を繰り返す“白バラ”と呼ばれる地下組織が存在した。
2月18日、メンバーの一人、
ミュンヘン大学の女学生ゾフィー・ショルは、
兄ハンスとともに危険な大学構内でのビラまきを敢行し、
運悪くゲシュタポに逮捕されてしまう。
すぐさま、ベテラン尋問官のモーアにより厳しい取り調べが開始される。
ゾフィーは恐怖を押し殺しつつ、
毅然とした態度で理路整然と自らの無実を訴え続けるのだったが。。。。。



“白バラ”の紅一点、ゾフィーの壮絶な最期を描いた真実の物語。
大学構内で逮捕された4日後に処刑されるまでを尋問記録をもとに再現。
意志の強さと勇気に感服です…。

No.90.2oo6

| 映画(ドイツ) | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビッグママ・ハウス2

ビッグママ・ハウス 2 ビッグママ・ハウス 2
マーティン・ローレンス (2006/10/27)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

BIG MOMMA'S HOUSE 2
2006年 アメリカ
監督 : ジョン・ホワイトセル


FBI捜査官のマルコムが
今度はある容疑者宅にベビーシッターとして潜入するも、
そこに住む3人の子供たちに振りまわされる
アクション・コメディのシリーズ第2弾。
マルコムは妻が妊娠したため一線から退き、
内勤の仕事にまわっていた。
ところがある時、仲間が殺されたことを聞いき独自に捜査を開始。
再び“ビッグママ”に変装し、
容疑者とされるシステム・エンジニアの家に家政婦として潜入する。
その家庭には、それぞれに問題を抱えた3人の子供たちがいた。
捜査の傍ら、子どもたちの心を開こうと悪戦苦闘するマルコム。
やがて、捜査の方は核心へと迫っていくのだが。。。。。



前作に引き続き、マーティン・ローレンス演じる
おデブなビッグママが面白おかしい~~!
次回作もありそうな予感です。。

No.89.2oo6

| 映画(アメリカ) | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボーイズ・ドント・クライ

ボーイズ・ドント・クライ ボーイズ・ドント・クライ
ヒラリー・スワンク (2007/01/26)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

BOYS DON'T CRY
1999年 アメリカ
監督 : キンバリー・ピアース


1993年、ネブラスカ州リンカーン。
20歳になるブランドンは少年の格好をし、
町に出かける用意をしていた。
従兄でゲイのロニーは“フォールズ・シティの連中はオカマを殺す”
と警告するが、ブランドンはフォールズ・シティへと向い、
地元のバーでラナと出会い恋に落ちる。
しかし、ある事件がもとでブランドンの“秘密”が明るみになったとき
悲劇が始まった。。。。。



ヒラリー・スワンクが性同一性障害の主人公を演じて
アカデミー主演女優賞を受賞した作品。
様々な愛の形を認め、他人を尊重できる人間になりたいものです。。

No.88.2oo6

| 映画(アメリカ) | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。