2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロシュフォールの恋人たち

a_33.jpgTVを見ていると、気になるCMソングを耳にして
一瞬固まってしまうことはありませんか?
私は結構よくあるのです。。

もう何年も前になりますが、
ビッグバンド風のジャズ曲が流れて
ふとTV画面を見ると車のCM。
「あれっ、この曲何だったかな?」
その時すぐには思い出せなかったのであります。
しかし、ある日 ポンッ! と思い出しました。
…ロシュフォールじゃんっ!!

ロシュフォールはフランスの港町の地名です。
正しい曲名はジャック・ドゥミの映画ロシュフォールの恋人たちの中の「キャラバンの到着」。
港に到着したばかりの若者達が繰り広げる、勢いのあるダンスシーンで使われる曲なのですが、
この場面のジーン・ケリーとジョージ・チャキリスのダンスが
それはそれは見事な切れ味なのであります。
カトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックのデュエット&衣装もステキです*
このミュージカル映画のナンバーはどれもロマンティックでおしゃれ!
私のイチオシは「You Must Believe In Spring」です。


車のCMといえば、今年の春先にも気になる音楽が流れていました。
ジャズシンガーのカーメン・ランディがカバーした風のささやきです。
映画「華麗なる賭け/The Thomas Crown Affair」の主題歌として有名な曲ですが、
懐メロ(?)もアレンジ次第で雰囲気が変わるという事を実感しました。



a_36.jpgこの2曲、いずれもミッシェル・ルグランによる楽曲なのです。
クラシックを基盤にジャズ、ポップス、映画音楽と
幅広いジャンルに渡り、現在もなお第一線で活躍する
フランスを代表するミュージシャンです。

何枚かアルバムを持っていますが、
私の一番のお気に入りはMichel Plays Legrandです。
特におススメなのは、
ジャズのスタンダードにもなっている2曲目の「これからの人生」、
そして先に挙げた「You Must Believe In Spring」(7曲目)と、ラストの「風のささやき」。

ルグラン自身のピアノソロによる「You Must Believe In Spring」は味わいがあって素敵です*
「風のささやき」はアルバムの締めに相応しいアップテンポのアレンジ。
どちらも聴いて損はしないですよ。(CDのお値段もお買い得♪)
スポンサーサイト

| 音楽 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風味絶佳

風味絶佳 風味絶佳
山田 詠美 (2005/05/15)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


実に4ヶ月振りに完全読破できたのがこの短編集とは。。
この間、手に取った本にはことごとくのめり込むことができなかったのです。
(畠中恵の“しゃばけ”シリーズに再チャレンジしたけど、やっぱりダメでした。。
巷ではあんなに大絶賛されているのに
音楽モノなら!…と、高樹のぶ子の“百年の預言”にも手をつけたけど、どうもいまひとつetc…。)

詠美お姉サマの作品とはお久し振りのご対面でした。
「間食」「夕餉」「風味絶佳」「海の庭」「アトリエ」「春眠」…どの作品も味わい深く、
心地良い余韻の残る小品ばかりでした。
相変わらず愛に溢れた詠美ワールドは懐かしくもあり、
(青春時代には読みあさりましたから♪)
久々に触れてみると新鮮で瑞々しかったです。
活字によってこんな気持ちになるのは久し振りのこと…詠美お姉サマ、ありがとうございます♪

「風味絶佳」は秋に映画化されるとか。キャストを見ると 夏木マリ と。。
もしかして不二ちゃん役は夏木さんなのでしょうか。そうだとしたら、ハマり過ぎですっ!!

| 読書 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デスペラード

a_32.jpgデスペラード
DESPERADO
1995年 アメリカ 
監督 : ロバート・ロドリゲス


恋人を殺され、自分も手を撃たれ、
ギター弾きとしての道を閉ざされたマリアッチ。
今ではギターケースに武器を詰め、
仇であるギャングのボスのブチョを捜し求める毎日。
ブチョの酒場でその手下と激しい撃ち合いをしたマリアッチは、
通りかかった女性カロリ-ナをかばって追っ手に撃たれてしまいます。
カロリーナは彼を自分の店に連れて行き手当てするのです。
しかしブチョの手下がそこまで迫ってきて。。。。。

≫ Read More

| 映画(アメリカ) | 15:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木曜組曲

a_31.jpg木曜組曲
2001年 日本
監督 : 篠原哲雄


大女流作家の重松時子は、
4年前に薬物自殺をしました。
時子の命日の時期になると
親しかった女性5人が彼女の家に集まり、
時子を偲ぶ会が催されます。今年のその日、
集まった彼女たち宛てに届いた花束と共に謎のメッセージが…。
5人は4年前を振り返り、
他殺だったのではないか、と各々推理を始めるのです。。。。。

≫ Read More

| 映画(日本) | 08:40 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ドッグヴィル

a_29.jpgドッグヴィル
DOGVILLE
2003年 デンマーク
監督 : ラース・フォン・トリアー


ロッキー山脈の麓に孤立する村ドッグヴィル。
ある日静かなこの村に銃声が鳴り響きます。
その直後に美しい女性グレースがやって来るのです。
ギャングに追われる彼女を隠し、その場を切り抜けるトム。
彼は翌日、村人たちにグレースをかくまうことを提案します。
そして“2週間で村人全員に気に入られる”ことが条件となり、
トムの計画に従って肉体労働を始めるグレースなのですが。。。。。

≫ Read More

| 映画(その他欧州) | 10:42 | comments:2 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

月とキャベツ

a_30.jpg月とキャベツ
1996年 日本
監督 : 篠原哲雄


バンドを解散後、
スランプに陥ったミュージシャンの花火。
今では田舎でキャベツ栽培に明け暮れていました。
ある日、ヒバナと名乗る少女が現われ、
そのまま彼の家に居ついてしまいます。
ダンサー志望のヒバナは花火の作った曲で踊りたい、と言い出し。。。。。

≫ Read More

| 映画(日本) | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オール・アバウト・マイ・マザー

a_24.jpgオール・アバウト・マイ・マザー
TODO SOBRE MI MADRE
1998年 スペイン
監督 : ペドロ・アルモドバル


17年前、子供を身ごもったまま離婚し、
マドリードへとやって来たマヌエラ。
息子には夫の話は一切していなかったけれど、
17才の誕生日を機に秘密を打ち明ける事を決意します。
その晩、親子で芝居を見た帰り、
皮肉にも息子は事故で亡くなってしまうのです。
息子が残した父への想いを伝えるため、
マヌエラは青春を過ごしたバルセロナへと向かうのですが。。。。。

≫ Read More

| 映画(スペイン) | 12:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

裏窓

a_28.jpg裏窓
REAR WINDOW
1954年 アメリカ
監督 : アルフレッド・ヒッチコック


カメラマンのジェフは足を骨折し、
グリニッチ・ヴィレッジのアパートで療養中。
車椅子生活の楽しみは窓から見える中庭と
向いのアパートの住人を眺めることだけ。
ある日、セールスマンの夫と激しい口論をしていた
病床の妻の姿が見えなくなった事に気づきます。
ジェフは夫が妻を殺したのではないかと思い、
恋人のリザと看護人ステラと共に調査を始めるのですが。。。。。

≫ Read More

| 映画(アメリカ) | 09:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気まぐれな狂気

a_27.jpg気まぐれな狂気
TRUTH OR CONSEQUENCES, N.M.
1997年 アメリカ
監督 : キーファー・サザーランド


長年の監獄生活からようやく出所したレイモンド。
恋人のためにも今度こそまともな人生を送ろうと決意します。
しかし、出所から8ヶ月経ってもろくな稼ぎがなく、
すさんだ生活に嫌気がさします。
ある日、刑務所時代の仲間と組んで
麻薬組織から大金を奪う計画を立てるのですが。。。。。

≫ Read More

| 映画(アメリカ) | 09:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女はみんな生きている

a_26.jpg女はみんな生きている
CHAOS
2001年 フランス
監督 : コリーヌ・セロー


平凡な共働き家庭の主婦エレーヌ。。
家族から家政婦ぐらいにしか見てもらえない日常に
疑問を感じていました。
ある夜、夫ポールと車に乗っていたエレーヌの前に
血まみれの女が助けを求めて寄ってきます。
面倒に巻き込まれたくない夫はドアをロックし、
男達に殴られる女を無視して走り去ってしまうのです。
翌日、女が気になったエレーヌは病院を探し出し、
家事を放り出して女を熱心に看病するのですが。。。。。

≫ Read More

| 映画(フランス) | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。