2006年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふたりの5つの分かれ路

ふたりの5つの分かれ路/5×2
公式サイト  >>>

2004年 : フランス
監督 : フランソワ・オゾン


久々に再会して離婚手続きを終えたマリオンとジル。
ふたりはその後、ホテルで肌を重ねます。
しかし、お互いにもう引き返せない深い溝を感じるのです。
結論は変わらないとわかり、マリオンは部屋を後に。。。。。



酷評する人もある中、私は好きな作品でした。
なぜ2人は離婚することになったのか…、
今回も観る側に考えさせるあたりはやっぱりオゾンだと思います。

“5つの分かれ路”となる離婚、特別なディナー、出産、結婚式、出会いのシーンを、
時間を逆に辿りながら物語は進みます。
同じ出来事でも5シーン×2人=10通り…当たり前だけど2人の感じ方は違ったのです。
大きな分岐点となったこの5つの出来事以外にも、日常のわずかな気持ちのすれ違いが積もって
気づいた時には2人が全く違う方向を向いていたのでしょう。
結婚生活に未練の残るジル、最後に「やり直せないか…?」とマリオンに問いかける場面では
男性の弱さ、情けなさが滲み出ていました。。

映画のラストシーンは2人の出会いで、グッときました♪
始まりは海と同じようにキラキラ輝いていて、2人とも幸せになれると信じて一緒になったのに。。
既婚の方、失恋を経験した事のある人にお奨めのとっても切なくなる映画でした。

No.25/2oo6
スポンサーサイト

| 映画(フランス) | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イン・ザ・ベッドルーム

イン・ザ・ベッドルーム/IN THE BEDROOM
公式サイト  >>>

2001年 アメリカ
監督 : トッド・フィールド


ニューイングランド、カムデンという田舎町で開業医をするマット。
大学生の一人息子・フランクは夏休みで帰省中。
この夏フランクは、近所に住む子持ちで夫と別居中の年上女性、
ナタリーと恋に落ちます。
ある日、フランクはナタリーの家で暴れる夫と遭遇、
銃で撃たれて死んでしまいます。
愛する息子を突然奪われたマット夫妻は苦悩の末。。。。。



フランクを殺した犯人がナタリーの夫である事は明らかなのに、
目撃者がいないためにすぐに仮釈放になるとは…
そんな理不尽な判決ではご両親も納得できないでしょう。。
だからと言って、あんな事をして許される訳はないですが。

息子を失い悲しみに暮れる夫婦。
それぞれの殻に閉じこもり、少しずつ亀裂が入り始めます。
過去を振り返ってあなたはこうしてくれなかった、とか
あの時こうしていれば、と責め立てるシーンが何とも痛々しく、また見苦しいです。
家族3人の幸せだった日々は取り戻せなくても、
人生を捨てるようなことはして欲しくなかったです。。

No.24/2oo6

| 映画(アメリカ) | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・メキシカン

ザ・メキシカン/THE MEXICAN
2001年 アメリカ
監督 : ゴア・ヴァービンスキー


組織で下働きをするジュリー。
恋人のサマンサとは喧嘩の毎日。
ある日、組織の仕事でメキシコへ行くことになります。
今回の仕事は呪いのかかった伝説の拳銃
“メキシカン”を手に入れること。
荷造りのために家に戻るとまた喧嘩…。
ジュリーは荷物ごと追い出されてしまい、
仕方なくそのままメキシコへ向かうのです。
一方、サマンサはラスベガスへ向かう途中
助けてくれた男性と親しくなりますが、
彼の目当てもまた“メキシカン”だったのです。。。。。



軽く楽しめるコメディでした。
直球のラブストーリーやアクション、またドタバタコメディを
期待して見ると肩透かしをくらうと思います。
特にメキシコの乾いた風景、音楽は良かったぁ♪
ホモの殺し屋がすごく良い人で、あれはおいしいキャスティングですね。
彼とサマンサが心を開いて語り合う場面が印象的です。
ブラピも間抜けなジュリーを上手く演じています。
ラストで伝説の拳銃“メキシカン”がアップになりますが、
ハート柄の綺麗な装飾の拳銃で、思わず「かわいい~♪」と思ってしまいました。


No.23/2oo6

| 映画(アメリカ) | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューヨークの恋人

ニューヨークの恋人/KATE & LEOPOLD
2001年 アメリカ
監督 : ジェームズ・マンゴールド


1876年、ニューヨーク。
盛大な舞踏会の会場。
舞踏会の主役であるレオポルドは
花嫁を決めなければならず憂鬱です。
そんな時ふと怪しい男を目にし、
男を追って来た先がブルックリン・ブリッジ。
レオポルドはそのまま男と一緒に奈落の底へ落ちていきます。
現代のニューヨーク。
ケイトはバリバリのキャリアウーマンで男より仕事一筋。
そんなケイトの前に突然、
クラシックな服を着た英国貴族が現われるのです。。。。。



設定にかなり無理がありますが、それが逆に良いのでしょう。
いくつもの作品が記憶の中でごちゃごちゃになるラブコメですが、
この設定なら忘れようもありませんので…。
貴族・レオポルド役のヒュー・ジャックマンはスゴイかも!
だって、一つ間違えばかなり滑稽な役柄ですよ
主役のメグは相変わらずキュートですが、
年齢的にもこの先どんな路線に切り替えるのか気になります。。

No.22/2oo6

| 映画(アメリカ) | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遠い空の向こうに

遠い空の向こうに/OCTOBER SKY
1999年 アメリカ
監督 : ジョー・ジョンストン


1957年10月、
ソ連は人類初の人工衛星
“スプートニク”の打ち上げに成功します。
ウエストヴァージニアの炭坑町・コールウッドで
打上げ中継を見た青年ホーマーは
自分もロケットを打ち上げたいと思い、
級友3人と一緒に本格的なロケット作りに取りかかるのです。。。。。



炭鉱夫の息子は炭鉱夫になるのが当たり前だった時代、
父親に反抗してでも自分の意志を貫くホーマーの姿が眩しいです。
ロケットボーイ達を温かく見守り、時に手を差し伸べてくれた
ライリー先生のエピソードもまた感動を誘います。
絵に描いたような青春サクセスストーリーで、
感動させようとする作り手の意図は見え見えなのです。
それでも嫌味なく受け容れられてしまうのが何とも不思議です。。
現在、NASAに勤務するホーマー・ヒッカムの実話が原作。


No.21/2oo6

| 映画(アメリカ) | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペイ・フォワード

ペイ・フォワード/PAY IT FORWARD
2000年 アメリカ
監督 : ミミ・レダー


中学1年生になった最初の日、
社会科のシモネット先生が出した課題は
「世界を変えたいと思ったら何をしたらいいか?」
というもの。
トレバー少年の思いついた方法は
“PAY IT FORWARD”=次に渡す。
それは、人から受けた好意のお返しを
別の3人へ回すというものでした。。。。。



ねずみ算式に善意を広げようと考えるあたりが子供らしいです。
その姿勢と勇気は素晴らしいですね。

しかし、、
素直に考えれば、
トレバー少年の一番身近な存在であるママと
シモネット先生を引き合わせて幸せにしてあげたい、と
純粋に思って実行したのでしょう。
意地悪く考えれば、
ママとシモネット先生をくっつける事で
トレバーも不幸な家庭生活から抜け出すことができる、と
計算ずくの善意を押し付けた、とも言えませんか。
どんなに素晴らしい行いでも、
偽善とか自己満足とか、裏があるのは面倒臭いですねぇ。

アル中の両親に育てられ心に傷を持つトレバー。
世の中は“くそ”だと思っていた少年が、
自分の行いを通して思っていた程“くそ”でもなかったと気付きますが、
最後はやっぱり“くそ”だったところが…切ないです


No.20/2oo6

| 映画(アメリカ) | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハルモニア

ハルモニア
著者 : 篠田 節子
出版社 :文春文庫


脳に障害をもつ由希が奏でる
超人的なチェロの調べ。
指導を頼まれた中堅演奏家・東野は
その天才的な才能に圧倒されます。
名演奏を自在に“再現”する才能を持つ由希に足りないのは、
“自分自身の音楽”。
彼女の演奏に何とか魂を吹き込もうとする東野の周りでは、
次々と不可解な事件が起こり始めます。
音楽にすべてを捧げる二人の行着く果ては。。。。。



中庸な演奏を得意とする(…時には必要に迫られ。)東野にとって、
非凡な才能を持ちながらコピー演奏しかできない由希が不憫であり、
自分では成し得ない理想の演奏を叶えるに相応しい分身だったのでしょう。
次第に破壊していく由希の体、
それと並行して社会から孤立していく東野が何とも痛ましいです。
由希にとって、
施設で慎ましくコピー演奏を続けて生き永らえていくことと、
命を縮めてでも自身の音楽を奏でることの、
どちらが幸せだったのでしょう。
読み終えてから、そんなことをぼんやりと考えてしまいました。
ラストは読者の想像に任せるあたりも良いですね。

私も豊かな心を目指して自分の音楽に精進していきたい。。
そして、何気ない普通の毎日を大切に暮らしたい、と感じた作品でした。

| 読書 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パリの恋人

パリの恋人/FUNNY FACE
1957年 アメリカ
監督 : スタンリー・ドーネン


ニューヨーク。
ファッション誌のカメラマン・ディックは、
ある日撮影で訪れた古本屋の娘・ジョーを
雑誌の表紙モデルにスカウトします。
パリでロケ撮影すると知り二つ返事でOKしたジョー。
みるみる輝くモデルに変身し、
やがて2人は恋に落ちていくのです。。。。。



どの場面のオードリーも最高にかわいらしくて、
本当に大好きなミュージカルです~♪
ウェディング・ドレスの場面が特に好き!!
アステアも素敵ですねぇ。。
もっともアステアならもっとタップシーンの多い作品の方が良いですが。
オードリーのダンスも意外に切れがあり、
抜群のプロポーションには思わずうっとりしてしまいました。


No.19/2oo6

| 映画(アメリカ) | 14:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センターステージ

センターステージ/CENTER STAGE
公式サイト  >>>
2000年 アメリカ
監督 : ニコラス・ハイトナー


ジョディの夢は、名門バレエ団
“アメリカン・バレエ・カンパニー”の
プリンシパル・ダンサーになること。
オーディションに合格して
晴れて練習生となったジョディは、
期待に胸をふくらませニューヨークへとやって来ます。
しかし、舞台監督ジョナサンは練習初日、
「最終的にバレエ団に残れるのは男女3人ずつ」と言い放つのです。
その日から、つらく厳しいレッスンが始まり。。。。。
架空の学校“アメリカン・バレエ・アカデミー”で学ぶ練習生達の青春映画。


バレエに興味のない人でも、普通に楽しめる学園モノだと思います。
ジョディ役のダンサーは主役に抜擢されるだけあってかわいいですね。
でも、踊りに華がありません。。
周囲の練習生より劣っているという設定なので、
丁度良いのかもしれませんが。
ABTのイーサン・スティーフェルは切れのあるダンスで、
やっぱり格が違う事を見せ付けられます。
役名の“クーパー”はアダム・クーパーを意識しているのでしょうか。。
卒演の三角関係のバレエは、
ジョディは男よりバレエを選んで踊り続ける…という、
現代版「赤い靴」ですね。
とにかくクーパーとチャーリーのダンスが見事でした!!


No.18/2oo6

| 映画(アメリカ) | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とっておきのチョコレートのお菓子

とっておきのチョコレートのお菓子
著者 : 小嶋 ルミ
出版社 : 成美堂出版



もうすぐバレンタイン。。
今年はどんなガトー・ショコラを焼こうかなぁ、と迷っておりましたが、
この本を購入してドール・オ・ショコラに決定!
よしっ、気合入れて頑張るぞ~♪

他にもグランマルニエショコラ、ウィーン風チョコレートケーキ、
クラシックショコラ、ミルクチョコレートムース、
定番の生チョコ等もとっても詳しく、しかもわかりやすく書かれています。
眺めているだけでも幸せな気分になれるから不思議ですねぇ。。

| 読書 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

2006年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。