2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

すべての美しい馬

すべての美しい馬/
ALL THE PRETTY HORSES  公式サイト >>>
2000年 アメリカ
監督 : ビリー・ボブ・ソーントン


1949年、テキサス州。
牧場を継ぎたかったジョンですが、
父の死後、母は土地を売り払ってしまいます。
それでもカウボーイという職を愛し、
夢を諦めきれないジョンは、
友人・レイシーとともにメキシコへと旅立つのです。。。。。



この消化不良感は「タイムマシーン」以来ですぅ。。
マット・デイモン、ペネロペ・クルス…と豪華キャストなのに、
ちょっともったいないのでは。。
ジョンの成長を描いた、とは思えないし、
なぜか私には馬泥棒、恋愛、刑務所などのエピソードが
1つのストーリーとして結びつかない、散漫な印象が残る映画でした……。
スポンサーサイト

| 映画(アメリカ) | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

姉のいた夏、いない夏

姉のいた夏、いない夏/
THE INVISIBLE CIRCUS  公式サイト  >>>
2001年 アメリカ
監督 : アダム・ブルックス


1976年。
18才のフィービーは高校を卒業したばかり。
7年前に恋人とヨーロッパへ行き自殺した、
姉・フェイスの突然の死を今だに引きずっていました。
くすぶっている自分から脱皮するため、
姉の死の真相を知りたいと思い始めるフィービー。
そして、母親の反対を押し切り
姉の足跡を辿る旅へと出発するのです。。。。。


パリの街並みの美しいこと♪
自分も石畳の上を歩いているような気分になります。
映画の内容はというと、、まぁまぁでした。
’60~’70年代のヒッピーや学生運動って…私にはよくわかりませんが
若くて純粋な人ほど革命に夢を持ち、命懸けになったのでしょうか。。
大人になるに従い、夢と現実の違いを知って自立していく様は
今も昔も変わらない気がします。
フィービーにとってウルフは
現状を脱皮して成長するためのカンフル剤、
これからを自分らしく生きるために通るべき道筋だったのでしょう。

| 映画(アメリカ) | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Gene Harris...

In His Hands/Gene Harris


恥ずかしながら今までジーン・ハリスを
真剣に聴いたことがありませんでした。。
とても流暢でステキなピアノ、でも、、
なぜか私にはどの曲も同じ様にしか
聴こえなかったのです。
心地良い演奏であるには違いないのですが…。


このアルバムではゴスペルのスタンダード曲を
この上なくシンプルな編成で聴かせてくれます。
エレガントであったり、ソウルフルであったり、ブルージーであったり…
ひとりで聴いていると泣けてきます
心が清らかになるような演奏でした。

| 音楽 | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

隣のヒットマン

隣のヒットマン/THE WHOLE NINE YARDS
公式サイト  >>>
2000年 アメリカ
監督 : ジョナサン・リン


貧乏歯科医のオズと妻・ソフィの夫婦関係は冷め、
お互いに殺意さえ抱いていました。
そんなある日、
隣家に伝説の殺し屋・ジミーが引っ越してきます。
シカゴのボスを裏切って追われるジミーでしたが、
オズと意気投合し2人は親しくなります。
しかし、報奨金目当てのソフィはジミーの所在を密告するようオズに命令し、
仕方なくオズはシカゴへと旅立つのです。。。。。



マシュー・ペリーったら、情けない夫・オズ役がピッタリなこと。。
あまりのお人好しさにイラッ、とくるほどです。
しかし、一体何人の殺し屋に狙われていたことか・・・
その辺が面白いところでした。
その他はまぁまぁ、、といった感じでしょうか。
ブルース・ウィリスはよくこの殺し屋・ジミー役を引き受けたなぁ、
しかも続編まで・・・・・・という感は残ります

| 映画(アメリカ) | 07:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バーバーショップ

バーバーショップ/BARBERSHOP
公式サイト  >>>
2002年 アメリカ
監督 : ティム・ストーリー


シカゴ。
主人公・カルビンは
父から受け継いだ床屋の経営者。
店内は個性豊かな店員と常連客でいつも賑やかです。
ところが、実は店の経営は行き詰まっていて、
ある日カルビンは店を手放すことを決意するのです。。。。。
ヒップホップ系人情コメディ。



アイス・キューブの演技は見ていて安心感があります。
アンソニー・アンダーソンのバカっぽい役もハマっていましたが、
なんといっても、父の代から働く理容師・エディ役の
セドリック・ジ・エンターテイナーが若者達に語る場面は
心温まるモノがありました
日本劇場未公開のB級品ですが、見て損はしなかったです♪

| 映画(アメリカ) | 07:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライトニング・イン・ア・ボトル

ライトニング・イン・ア・ボトル/
LIGHTNING IN A BOTTLE 公式サイト >>>
2004年 アメリカ
監督 : アントワーン・フークア
製作総指揮 : マーティン・スコセッシ


2003年 アメリカ、
ブルース生誕100年を記念した一大プロジェクト
“イヤー・オブ・ザ・ブルース”の締めのイベント、
“サルート・トゥ・ザ・ブルース”コンサートの音楽ドキュメンタリー。



バディ・ガイ、B・B・キングをはじめ
ナタリー・コールやエアロスミスまで…、
総勢50名を超える豪華アーティストが集結した歴史的ライブの模様です。
とにかく映像も音楽も大満足っ!!!
メイヴィス・ステイプルスの歌声も聴けて涙モノです

| 映画(アメリカ) | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャレード

シャレード/CHARADE
1963年 アメリカ
監督 : スタンリー・ドーネン
音楽 : ヘンリー・マンシーニ


スキー場からパリの自宅へ戻ってきたレジーナ。
お気に入りだった部屋はもぬけの殻で、
離婚を予定していた夫は事故死していました。
夫の葬儀では見知らぬ三人の男が現れ、
大使館に呼び出されて行ってみると、
夫は戦時中に軍資金25万ドルを横領していた、と聞かされます。
次々に起こるハプニング…、
途方に暮れたレジーナはスキー場で知り合ったピーターに助けを求めます。
しかし、なんと彼も三人組の仲間だったのです。。。。。



また借りてきてしまいました♪
マンシーニの音楽が大好きで、幾度となく観ている映画です。
自分が生まれるずっと前の映画だけど、
古いはずなのにその古さを感じさせないセンスに脱帽です。。
こんなドタバタなミステリー&コメディって他に見当たりませんし、
なんと言っても
ジバンシーを着こなすヘップバーンがかわいいですぅ
いい加減、DVDを買おうかしら……

| 映画(アメリカ) | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレンダー・ガールズ

カレンダー・ガールズ/CALENDAR GIRLS
公式サイト  >>>
2003年 アメリカ
監督 : ナイジェル・コール


1999年のイギリス、
ヨークシャーの田舎町ネイプリーでは
主婦の社交場は地元の婦人会。
婦人会メンバーのクリスとアニーは親友です。
そんなある日、アニーの夫・ジョンが白血病で命を落とします。
悲しみに暮れるアニーを励まそうと、
クリスは毎年恒例の婦人会カレンダーを
自分たちがモデルになってヌードカレンダーにしようと持ちかけます。
そして、その売上げをジョンがお世話になった病院に寄付するのだと。。
最初は反対する人もいましたが、次第に有志が集まり。。。。。



これって、ホントにあった話なんですよねぇ。
女同士のほのぼの友情ストーリーは大好きなので、
この映画も楽しみながら一気に観ることができました♪
私もキュートなおばちゃんになりたいなぁーー!!
…そんな風に思った映画でした。。

| 映画(アメリカ) | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の雪

春の雪  公式サイト>>>
2005年 日本
監督 : 行定勲
原作 : 三島由紀夫


大正初期の日本。
侯爵家の松枝清顕と
伯爵家の綾倉聡子は幼なじみで、
いつしかお互いに恋心を抱くようになります。
やがて聡子には宮家との縁談話が持ち上がりますが、
清顕の冷たい態度に失望し、ついに縁談を承諾することを決意します。
ところが、いざ聡子の婚約が決まると、
清顕は自分の聡子への愛を自覚するようになるのです。
清顕の激しいアプローチに聡子の心は大きく乱れ。。。。。



久々に映画館で鑑賞しました。
私はどうしてもブラザーズ・グリムが見たかったのですが、
三島ファンのダンナさんは「こっちが良い!」と言い張り…
上映時間の都合もあって、結局“春の雪”を見る羽目になりました。

思っていたより綺麗な映像でした。
時間もそんなに長く感じなかったですし。。
あんなに見たがったダンナさん本人は、
退屈で途中から寝てしまったそうで…
やっぱり少し待ってでもブラザーズ・グリムを見ればよかったかなぁーー。

| 映画(日本) | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Eric Reed...

Mercy & Grace/Eric Reed


見つけました、ピアノ1本でゴスペル♪
しかも私にも理解し易いエリック・リードです。。
強烈な個性があるわけでなく、
でもきっちり自己主張している演奏スタイルは
とても参考になります。


1曲目からゴスペル・スタンダードのJesus Loves Me、
続いてDown By The Riverside…と
様々なピアノスタイルを楽しめます。
ゴスペルやジャズに興味のない方にもお奨めできるアルバムです。
I Love You Lordではマジ泣きました

| 音楽 | 08:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。