2005年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

パパは、出張中!

パパは、出張中! パパは、出張中!
モレノ・デバルトリ (2000/11/24)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る

OTAC NA SLUZBENOM PUTU
1985年 ユーゴスラビア
監督 : エミール・クストリッツァ 


1950年代初めのユーゴスラビアは
スターリン主義のソ連の影響下にあり、
何とか独自の共産主義を目指そうと
チトー大統領を中心に体制作りを進めていました。
政情は不安定で、
民衆の間では秘密警察への密告が蔓延しています…。
少年マリクは両親と兄、祖父の5人家族。
平凡な家庭ですが、ある日父が反体制派であると密告され、
政治犯収容所へと送られます。
母は子供達に「パパは出張中」と偽り、帰りを待つのですが。。。



新聞に掲載された『スターリンを崇拝するマルクス』の風刺漫画を見て、
パパが「やりすぎだな。」と愛人に漏らす場面から映画は始まります。
不用意な一言が原因で政治犯扱いになるのですから恐い。。
しかも、密告したのは妻との離婚を迫る愛人で、
収容所行きを通達するのは警察官である義兄。
(この義兄は密告者の愛人に恋心♪)
反体制発言を建前に個人的な腹いせをしている所が更に恐い
密告を利用して自分の立場を守った人は大勢いた事でしょう。

物語は「家族で頑張ろう!」ではなく、
「今は国・時代の主義に順応するしかないんだ。」
「流れに任せて何とかやり過ごそう。」というやるせなさがテーマ。
平凡な家庭の日常生活をベースに、
一つの密告が家族全員の人生を狂わす、、
そうした社会の異常さがヒシヒシと伝わってきます。

ところで、マリクの夢遊病はイマイチ理解できませんでしたぁ。
夜中にフラフラ徘徊する姿はかなり無気味です
先の見えない社会への不安を表していたのでしょうね。
老人ホームに行くことを決意したおじいちゃんが
「政治なんかくそくらえだ!」と言い捨てる場面は、
みんなの気持ちを代弁していてスッキリしますね。


全体的に画面が暗く、内容的にも重~い後味となりました。
どちらかというと男性寄りの視点で描かれている気もしました。
音楽はイヴァノヴィッチの「ドナウ川のさざ波」1曲だけ、
それが楽器編成を変えて繰り返し流れます…ヘヴィーです。
クストリッツァは「アンダーグラウンド」も観なければ、と思いました。
スポンサーサイト

| 映画(その他欧州) | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォー・ザ・ボーイズ

フォー・ザ・ボーイズ フォー・ザ・ボーイズ
ベット・ミドラー (2006/08/18)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

FOR THE BOYS
1991年 アメリカ
監督 : マーク・ライデル
音楽 : デイヴ・グルーシン


1940年代・太平洋戦争の最中、
夫を戦場に送り出した歌手・ディクシーは、
小さな子供を抱えてつつましく生活していました。
ある日、ライターである叔父から
軍の慰問団に加わるチャンスをもらい、
子供を知人に預けてロンドンに向かいます。
初めての舞台は人気エンターティナー・エディとのぶっつけ本番。
…にもかかわらず大成功を収めるのです。
やがて2人は朝鮮戦争、ベトナム戦争と長期に渡って
軍の慰問ショーに情熱を傾け、不動の人気を得るのですが。。。。。
慰問ショーのトップ・スターから芸能界の超売れっ子コンビとなった男女の
波乱万丈の人生を描いたエンターテインメントドラマ。



基本は反戦映画です。
夫と息子を戦場で亡くし、恩人である叔父は赤狩りで職を奪われ…、
周囲や国に対する不満・怒りを鬱積させたディクシー。
そんな主人公をベット・ミドラーは好演しています。
老女の特殊メイクは、もっと自然な感じだと良かったなぁー。。

B・ミドラー主演となると
どうしても歌&エンターテインメントが主軸になりますね。
この映画でも彼女の歌とステージは圧巻です!!
彼女が主演でなければ成り立たなかった映画でしょう。

ビートルズの「In My Life」を歌った後、
兵士達がピースをする場面はちょっとした感動モノです。
…がっ、残念ながら
私には「ローズ」や「フォーエバー・フレンズ」ほどの
心震える感動はありませんでした。。

| 映画(アメリカ) | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイムマシン

タイムマシン 特別版 タイムマシン 特別版
ガイ・ピアース (2006/12/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

THE TIME MACHINE
2002年 アメリカ
監督 : サイモン・ウェルズ


1890年代のニューヨーク。
大学教授のアレクサンダーは、プロポーズの現場で事件に巻き込まれ恋人を失ってしまいます。
過去に戻って彼女を救い出そうとタイムマシンを発明しますが、
運命そのものを変えることはできない…と気付くのです。
諦めきれないアレクサンダーは理由を解き明かすため、
未来へとタイムスリップするのですが。。。。。
H・G・ウェルズの同名原作を再映画化したSFアドベンチャーです。


前半は素敵な雰囲気だったのです。。
タイムマシンのデザインはとても美しいですし、
特に見事なのはタイムスリップ・シーンのCG…釘付けになりました。
フォトジェニックあたりまでは想像の範囲内だったのですがっ、、、
問題は80万年後の世界になってからですよ。
モーロックってなんスかぁーー???
ここから違う映画を観ているようでした
モーロック軍団のリーダーがなかなか良い事を言うのにもビックリ!


どうしてこんなに前半と後半の繋ぎが悪いのか、
後半のあの唐突さは監督の狙いなのか、、
原作を読めば解決するのでしょうかね。
違う意味で心に引っかかる映画になりました。

| 映画(アメリカ) | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エトワール

エトワール デラックス版 エトワール デラックス版
マニュエル・ルグリ、オーレリ・デュポン 他 (2002/12/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

TOUT PRES DES ETOILES
2000年 フランス
監督 : ニルス・タヴェルニエ


伝統と格式を誇るパリ・オペラ座バレエ団。
エトワール=星と呼ばれるトップダンサーを頂点に、
プルミエ・ダンスール→スジェ→コリフェ→カドリーユ…という
階級に分かれて、常に競争しています。
ダンサーへのインタビューを中心に
公演リハーサルと本番のコラージュ映像など、
クラシック・バレエの名門の舞台裏を収めたドキュメンタリー。
オペラ座に初めてカメラが入った、と話題になりました。


努力なくして美はあり得ない、、ですね。
ダンサーのしなやかな肉体、筋肉の美しさには惚れ惚れします。
自らを律した規則正しい生活と毎日欠かさずに続ける訓練…。
そのストイックな姿勢に「プロとはこういうものなのだ」と思い知らされました。


あるエトワールは
「バレエとは、情熱。“愛”という言葉では弱すぎる」と言い切ります。
私のように意志の弱い人間には、とうてい知る事の出来ない世界です。

| 映画(フランス) | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行記

チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記 チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記
エルネスト・チェ ゲバラ (2004/09)
現代企画室

この商品の詳細を見る

チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行記
エルネスト・チェ ゲバラ 著
出版社 : 現代企画室

医学生時代のゲバラが
親友と2人、中古バイクに乗って
南米大陸を旅した際の日記です。



お金もない、泊まる場所も決まっていない貧乏旅行。
おんぼろバイクでアンデス山を越え、
船倉の悪臭まみれのトイレに隠れて密航し、
ヒッチハイク、野宿、作ったいかだでアマゾン川を下る…。
人々の好意に助けられながら
様々なことを吸収していく青年ゲバラの姿が眩しいです。
目的に向かって一途で情熱的に行動する彼の人柄が感じられ、
読んでいる自分も一緒に旅しているような気分を味わえました。


実は、先に映画を観てからこちらの原作を読みました。
映画のエピソードは原作の一部しか取り上げていないのですが、
あの乾いた風景…もう一度映像で確かめたくなりましたね。
そしていつか、南米を旅してみたいです。

| 読書 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

パピヨンの贈りもの

パピヨンの贈りもの パピヨンの贈りもの
ミシェル・セロー (2004/11/25)
バップ

この商品の詳細を見る

LE PAPILLON THE BUTTERFLY
2002年 フランス
監督 : フィリップ・ミュイル


フランス、パリ。
一人暮らしの老人ジュリアンの
アパートの上階に、
お転婆でおませな少女エルザとその母親が引っ越してきます。
息子をうつ病で亡くし、妻に先立たれたジュリアン…、
仕事と遊びで留守がちな母をひたすら待つエルザ…、
それぞれに孤独を抱えた2人はひょんなことで知り合いになります。
そして、蝶の収集が趣味であるジュリアンの部屋で
エルザは生まれて初めて蝶を見るのです。
ある日ジュリアンは幻の蝶“イザベル”を求めて
南フランスの田舎・ヴェルコールへ向かいます。
ところが、その車にはエルザが潜り込んでいたのです。
仕方なくジュリアンはエルザを連れて旅を続けるのですが。。。。。


ミシェル・セローが老人ジュリアン役で良い味を出しています。
エルザ役の子役クレール・ブアニッシュも
伸び伸びと演じていてかわいらしいですね。
頑固なジュリアンと小生意気なエルザ、
2人のやり取りはなんとも微笑ましくて
『プッ』と噴出してしまう場面もありました。
ヴェルコールの山中の風景もとても美しいです。
全体に柔らかな光を大切にした映像で、それが蝶のフワフワとした動きや
ファンタジー的な雰囲気を盛り上げていて私好みでした♪
派手なCGを駆使した華やかな映画を求めている人には
かなり物足りないでしょう…。

最後の落ちも良かったです…フフ
エンドロールのデュエットも含めて心和ませてくれる映画でした。

| 映画(フランス) | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

調律師の恋

調律師の恋 調律師の恋
ダニエル=フィリップ・メイソン (2003/07/31)
角川書店

この商品の詳細を見る

The Piano Tuner
ダニエル=フィリップ・メイソン 著
出版社 : 角川書店


19世紀ロンドン、調律師エドガーのもとに
「ビルマの奥地にあるエラールを調律して欲しい。」
と、陸軍から直々にオファーが入ります。
『植民地戦争下のビルマに、
なぜ伝説のピアノがあるのか。』
…迷いながらも強く惹かれるエドガーは、未知の世界へと旅立ちます。
カルカッタ、ラングーン、マンダレー、
魅惑的な現地の風景、人との出会いが、
エドガーを引き返せない運命へと巻き込んでいくのです。。。。。


前半は依頼主からの手紙という形で、
ビルマの歴史が詳細に述べられています。
後半から話がググッと盛り上がり、最後は予想外の結末でした。
詩人の語りかけた寓話、船上で出会った老人の話は
このラストのためにあったのですね。
キンミョーにピアノを教える場面、ピアノが川に沈む場面、
最後の手紙を読む場面、そしてラスト…どれも映像が想像できて、
まるで映画を観ているようでした。

それにしても邦題が「調律師の恋」って
電車の中で読む時、他人に表紙を見られるのが恥ずかしかったです。
確かにエドガーは心を奪われたけれど、
それは男女の恋ではないので念の為。
タイトルは「調律師」で良かったんじゃないでしょうかね。


主人公のエドガーは調律師にして
平均律48曲を全曲マスターしているようです。少なくとも、
突然の演奏会でも前巻全曲を演奏できる腕前なんですから脱帽です。。
明日から私も平均律を復習しようかな…。

| 読書 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シカゴ

シカゴ シカゴ
レニー・ゼルウィガー (2007/02/09)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

CHICAGO
2002年 アメリカ
監督 : ロブ・マーシャル
原作 : ボブ・フォッシー
音楽 : ジョン・カンダー
    ダニー・エルフマン 


舞台は1920年代のシカゴ。
主人公のロキシーはショービジネスの世界で
スターになる事を夢見る元バックダンサー。
キャバレーで歌えるよう口利きしてくれる…と約束していた
愛人に騙されていたと知り、逆上のあまり愛人を撃ち殺してしまいます。
収監された刑務所で出会った
かつてのキャバレーの人気スター、ヴェルマとは
互いに嫉妬し合う犬猿の仲なのですが。。。。。


フォッシーの舞台ミュージカル“シカゴ”を
ロブ・マーシャル監督が劇場版にリメイクしたものです。
想像していたよりは、全体的に歌もダンスも良かったです。
中でも、囚人達が身の上を語るタンゴ・ダンスは印象的でした。
腹話術人形+操り人形のレビューも面白かった。
何と言ってもキャサリン・ゼタ=ジョーンズの歌唱力には驚きました!!
オープニングの“AND ALL THAT JAZZ"が特にステキ~♪
クイーン・ラティファとのデュエットでも負けてなかったです。

それにしても、主役のロキシーに『ブリジット・ジョーンズ~』の
レニー・ゼルウィガーっていうのは…ミスキャストでしょう。。
完全にキャサリンの引き立て役になっています。


まさにエンターテイメント!と呼ぶにふさわしい映画でした。
深いメッセージは一切ないので、
何も考えずに楽しんで観るのが一番だと思います。

| 映画(アメリカ) | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファイティング・テンプテーションズ

ファイティング・テンプテーションズ ファイティング・テンプテーションズ
キューバ・グッディング・Jr. (2006/06/09)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

ファイティング・テンプテーションズ/
THE FIGHTING TEMPTATIONS
2003年 アメリカ
監督 : ジョナサン・リン 
音楽 : ジャム&ルイス、ビヨンセetc...


ニューヨークの広告代理店に勤めるダリン。
華やかな生活とは裏腹に詐欺まがいの行為を繰り返し、
実は借金地獄の毎日を送っています。
ある日、亡くなった伯母の相続のために故郷に戻ったものの、
ゴスペル大会で地元の聖歌隊を優勝させることが条件である事を知り、
お金目当てに「自分は音楽ディレクターだ」と偽って
安々と引き受けるダリンだったけれど。。。。。
サラーッ、と楽しめるゴスペル・ミュージカル・コメディーです。


寂れた聖歌隊…、主人公がやって来て持ち直す…、
そしてゴスペル大会での優勝に導く…という辺り、
『天使にラブソングを』と同じ展開です。
でも、音楽は良い!参加アーティストがすごい!
アン・ネスビー、シャーリー・シーザー、オージェイズetc...
ゴスペル好きにはたまらない映画ですね。
もちろんビヨンセのファンにとっても♪

| 映画(アメリカ) | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひかりのまち

ひかりのまち ひかりのまち
シャーリー・ヘンダースン (2001/03/09)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る

WONDERLAND
1999年 イギリス
監督 : マイケル・ウィンターボトム 
音楽 : マイケル・ナイマン


カフェで働く次女ナディアは、
伝言ダイヤルで恋人募集中。
長女デビーはバツイチの子持ち、
でも適当に男遊びもしている気ままな性格。
三女のモリーは出産間近、夫の不可解な行動に不安を感じています。
3姉妹の母アイリーンは息子が家出して以来夫婦仲が悪くなり、
隣の家族の騒音にイライラしては夫に当たり散らす毎日。
孤独や寂しさといった悩みを持つ登場人物たちの、
普通の4日間をドキュメンタリータッチで描いています。


幸せになりたい、何かいいことが起きないかな…と願う気持ち、
わからないでもないけど『共感できる』とまではいかなかったです。
「ナディア、あなた相手は誰でもいいの?」
「お母さん、隣の家の愛犬を毒殺して、それであなたはスッキリしたの?」
等々…不快に思われる部分もありました。

ロンドンの街のきらめくネオン、曇ったバスの窓、お祭りの夜の花火…を
手ぶれ感のある映像でまとめていているのが印象的です。
静かなマイケル・ナイマンの音楽が映像にピッタリと合っていました。

モリーの産んだ女の子に“アリス”と名付け、夫が囁きかける場面…。
何だかほんのり幸せを感じましたね。


ラストは、平凡な毎日…でも小さな幸せは身近にあるもの、
ということを物語っていたのでしょうか。

| 映画(イギリス) | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。