2005年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

モーターサイクル・ダイアリーズ

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
ガエル・ガルシア・ベルナル (2005/05/27)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

2003年 イギリス・アメリカ
監督 : ウォルター・サレス


キューバの革命家、エルネスト・チェ・ゲバラが
医学生時代に経験した南米大陸の旅を映画化したものです。

ブエノスアイレスを出発してパタゴニア、アンデス山脈、マチュピチュ遺跡やアマゾンなど…、
とにかく風景が美しい。。
音楽との相乗効果で南米気分を思う存分満喫できます。
旅の途中で出会う人々とのやり取りの中に、彼の誠実で一途な性格が表れていて
後の英雄的革命家としての片鱗を垣間見ることができます。
南米を旅してみたい、、ゲバラについてもっと知りたい、、、
そんな気にさせてくれる映画でした。
とりあえず、ノベライズとゲバラ日記は読んでおきたいですね。。
スポンサーサイト

| 映画(合作) | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スパニッシュ・アパートメント

スパニッシュ・アパートメント スパニッシュ・アパートメント
ロマン・デュリス (2005/02/18)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

2002年 フランス、スペイン
監督 : セドリック・クラピッシュ


冴えないパリッ子・グザヴィエが1年間のバルセロナ留学で
成長していく様を描いた青春物語です。
…と言ってしまうと簡単だけど、
最初の居候先である恩人宅の人妻との不倫や、
アメリのオドレイ・トトゥ扮するパリに残してきた恋人との遠距離恋愛、
イギリス、ドイツ、イタリア、デンマーク、ベルギー、スペイン出身の
同居人たちが繰り広げる学生アパートでの共同生活のドタバタ、
バルセロナの街の明るさ…など、見所は盛りだくさんで、
本当に楽しかったです。
特別プライスになっているので購入しようかナ、、迷います♪

| 映画(合作) | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シューティング・フィッシュ

シューティング・フィッシュ シューティング・フィッシュ
ダン・フッターマン (2000/05/24)
キングレコード

この商品の詳細を見る

SHOOTING FISH
1997年 イギリス
監督 : ステファン・シュウォーツ


孤児院育ちの青年2人が、豪邸購入の夢を叶えるため様々な詐欺で金儲けしようとするお話。。
ひと言、楽しかった~!
ショートカットのケイト・ベッキンセイルが初々しくて新鮮でした♪
観終わって何か残るような内容ではないのですが、、、
音楽も良いし、軽く楽しみたい時には良い映画です。

| 映画(イギリス) | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スーパーサイズ・ミー

スーパーサイズ・ミー 通常版 スーパーサイズ・ミー 通常版
ドキュメンタリー映画 (2006/06/23)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る



ジャケットの雰囲気から「笑える映画かな」…と、勝手に思い込んでしまったのですが、
実際は...なんと言いますか本当に変わった映画でした。
タイトルはスーパーサイズ・ミー。
(モーガン・スパーロック 監督/2004年・アメリカ)
1ヶ月間マック製品のみを食べ続けるという、無謀な人体実験の記録です。

正直、考えさせられました。
太るという外見的なデメリットよりも、満腹なのにもっと食べたくなる…という禁断症状がでたり、
内臓疾患だけでなく気力や集中力を欠く原因にもなり得るなんて。
恐るべしファーストフード…。
まぁ、ハンバーガーを毎日食べ続けるなんて普通はないけど、
結局何を食べて生きるかを選択するのは消費者自身なわけで。。
(肥満になったとマックを訴えた人って、、、ものスゴイ責任転嫁。。)
食に対するこだわりを持つのは大切なことだなぁ。

手軽さに負けて、いい加減な食事内容で済ませることもある私。。
人事とは思えない映画でしたところで、主人公の彼女が
彼の体調を心配して作ったという解毒プログラムって…どんな内容なんだろう?

| 映画(アメリカ) | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャラバン&海辺の家

さて、今月観た映画で書き忘れているものをカキカキ...


キャラバン キャラバン
ティレン・ロンドゥップ (2001/06/22)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る



まず1本目は「キャラバン」です。
(エリック・ヴァリ監督/2000年・フランス・ネパール・スイス・イギリス )
街で塩を売るため、ヤクに荷を乗せたキャラバン隊でヒマラヤ越えをするネパール高原民族の物語。
ヒマラヤの風景も素晴らしいですが、登場人物たちの素朴さが新鮮でした。
生きるため、食べるため、部族のために命懸けで何日にも渡る過酷な行商を繰り返す...。
そんな人々の生き方に心を打たれました。
若き指導者と長老との確執は、どこの世界にもあること。。
でも、年寄りの言う事にはやっぱり一理あるのかなぁ~。
異文化に身を投げ出すことができた、素敵な映画でした。


海辺の家 海辺の家
ケビン・クライン (2004/03/03)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る



そして、次は「海辺の家」です。
(アーウィン・ウィンクラー監督/2001年/アメリカ)
昨年父を失ったばかりの私にとって、涙ナシに見られない辛いラストでした。
もし違うシチュエーションだったら、、普通のファミリー映画だったかナ。
親子関係モノがお好きな方、どうぞ。

| 映画(合作) | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。