| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

マンダレイ

011.jpg
マンダレイ デラックス版
(2006/10/25)
ブライス・ダラス・ハワード、ダニー・グローヴァー 他

商品詳細を見る
MANDERLAY
2005年 デンマーク・スウェーデン・オランダ・フランス・ドイツ・アメリカ
監督 : ラース・フォン・トリアー

1933年。
ドッグヴィルをあとにしたグレースは、
父親らと共に新たな居住地を求めてアメリカ深南部へとやって来る。
やがて“マンダレイ”という名の大農園にたどり着いた彼らは、
そこで驚くべき光景を目にする。
白人が黒人を鞭打っていたのだ。
70年以上も前に廃止されたはずの奴隷制度がここには残っていた。
グレースは黒人たちを今すぐ解放し、
彼らに自分たちの権利と民主主義を教育しなければならないとの使命感に駆り立てられる。
そして、父親の制止を振り切りさっそく行動に出るのだったが。。。。。

No.7.2oo8

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


前作のような衝撃は感じられず、まさに二番煎じという感が残ります。
しかし、セットまで前回と同じ様な作りにする必要があったのでしょうか。
3部作を一貫させるためには仕方ないんですかね…。

言いたい事はわかるけど、とにかくクドかったです~~
エンディングも予想通り! 
ラース・フォン・トリアー監督の別の引き出しが(あるなら)見たいです。
最終作は主演がケイト・ブランシェットという噂もあるし、できれば他の切り口を望みます
★★☆☆☆
スポンサーサイト

| 映画(合作) | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノー・マンズ・ランド

ノー・マンズ・ランドノー・マンズ・ランド
(2002/12/18)
ブランコ・ジュリッチ、レネ・ビトラヤツ 他

商品詳細を見る

NO MAN'S LAND
2001年 フランス・イタリア・ベルギー・イギリス・スロヴェニア
監督 : ダニス・タノヴィッチ監督

1993年6月、ボスニア紛争の最前線。
霧で道に迷ったボスニア軍の兵士たち。
いつの間にか敵陣に入り込み、気づいたときにはセルビア軍の攻撃が始まっていた。
唯一の生存者チキは、なんとか塹壕にたどり着き身を隠す。
そこは、ボスニアとセルビアの中間地帯“ノー・マンズ・ランド”。
偵察に来たセルビア新兵ニノと老兵士は、
ボスニア兵の死体の下に地雷を仕掛けて引き上げようとする。
その瞬間、隠れていたチキが二人を撃ち、老兵士は死に、ニノは怪我を負う。
チキとニノの睨み合いが続く中、死んだと思われていたボスニア兵が意識を取り戻す。しかし、少しでも体を動かせばさっき仕掛けた地雷が…。
チキはまさに身動きできない仲間を気遣いつつも敵兵ニノに眼を光らせるのだったが。。。。。
2001年のカンヌ映画祭で脚本賞を受賞したほか、
2002年のゴールデングローブ賞とアカデミー賞の外国語映画賞もW受賞。

No.6.2oo8

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


セルビア人、ボスニア人、国連軍、マスコミ。
みんな愚かだなぁ…。
悶々とした気分を引き摺る反戦映画でした。
★★★☆☆

| 映画(合作) | 01:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャーリーとチョコレート工場

015.jpg
チャーリーとチョコレート工場
(2007/10/12)
ジョニー・デップ、フレディー・ハイモア 他

商品詳細を見る
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY
2005年 アメリカ・イギリス
監督 : ティム・バートン

失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ
貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。
彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、
世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。
ある日、工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏は、
全商品のうち5枚だけに入っている“ゴールデン・チケット”を引き当てた者にだけ、
特別に工場の見学を許可する、と驚くべき声明を発表した。
そして一年に一枚しかチョコを買えないチャーリーも、
奇跡的に幸運のチケットを手にし、晴れて工場へと招かれるのだが。。。。。

No.3.2oo8

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


地上波で放映されたので久々にチャリチョコを鑑賞♪
やっぱり楽しいーー!
子供心を思い出させてくれるステキな作品です。
いつ聴いてもウンパ・ルンパの歌は笑わせてくれますよ
★★★★★

| 映画(合作) | 23:03 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

いつか晴れた日に

020.jpg
いつか晴れた日に
(2003/11/21)
エマ・トンプソン、ヒュー・グラント 他

商品詳細を見る
SENSE AND SENSIBILITY
1995年 イギリス・アメリカ
監督: アン・リー

19世紀初頭。
イングランド南東部のサセックス州にある私園“ノーランド・パーク”を構える
ダッシュウッド家の主ヘンリーを失った彼の妻と3人の娘。
法律の定めるところにより私園を含め財産は先妻の息子ジョンに相続されるのを心配したヘンリーは、
死の床でジョンに妻と娘の世話を頼んでいたが、
ジョンの妻の反対にあいその約束は反故にされてしまう。
彼女たちは悲しみにひたる間もなく、早速新しい家を探し始めるが。。。。。
英国の女性作家ジェーン・オースティンの小説『分別と多感』をもとにした作品。

No.90.2oo7

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


ジェーン・オースティン原作の映画だと、
プライドと偏見のキーラ・ナイトレイも美しかったけど、
こちらの次女役で登場しているケイト・ウィンスレットもかわいい
・・・12年前の作品なのでお肌がピッチピチです

久々に観た文芸作品・・・心が洗われました。

| 映画(合作) | 13:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敬愛なるベートーヴェン

022.jpg
敬愛なるベートーヴェン
(2007/11/07)
エド・ハリス.ダイアン・クルーガー.マシュー・グッド.フィリーダ・ロウ.ニコラス・ジョーンズ.ラルフ・ラ・br />
商品詳細を見る
COPYING BEETHOVEN
2006年 イギリス・ハンガリー
監督 : アニエスカ・ホランド

1824年のウィーン。
“第九”の初演を4日後に控え、未だ合唱パートが完成していないベートーヴェンのもとに、
作曲家を志す若き女性アンナが写譜師として送り込まれる。
女性の写譜師が現われたことに激怒するベートーヴェンだったが、
やがて彼女の才能を認め、写譜の仕事を任せるのだった。
ベートーヴェンの音楽を深く理解するアンナは苦悩するベートーヴェンを力強くサポートしていく。
そして、ついに迎えた“第九”初演の日、
難聴のため指揮棒を振ることに怯えていたベートーヴェンだったが、
アンナに励まされ指揮台に立つと、彼女の合図を頼りに指揮をやり遂げるのだった。。。。。

No.85.2oo7

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


年末は第九シーズン・・・。
こんなエピソードを想像しながら歌うと、またグッと作品を身近に感じられそうです。
アンナは架空の人物らしいけど、
写譜師が初演でプロンプター的な役割を果たしたのは事実なのでしょうか。。

| 映画(合作) | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛をつづる詩(うた)

愛をつづる詩(うた) 愛をつづる詩(うた)
ジョアン・アレン、サイモン・アブカリアン 他 (2006/04/07)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る

YES
2004年 イギリス・アメリカ
監督 : サリー・ポッター


主人公は北アイルランド出身のアメリカ人。
分子生物学者として忙しい日々を送っていたが、
一方でイギリス人の政治家である夫との結婚生活は修復不能なまでに冷め切っていた。
そんなある日、夫の体裁を取り繕うために出席したパーティで、
彼女は一人のレバノン人男性“彼”と出会う。
祖国に幻滅し、今はロンドンでコックとして働いていた彼。
ほどなく2人は愛し合うようになり、情熱的で甘美な時間に浸ってゆくのだったが。。。。。

No.70.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


いろいろな問題を乗り越えて辿り着いた愛…。
きっと2人に永遠なんて必要ないんだろうな。
純粋に結びついていたいだけ…そんな人にめぐり合うのもまた素敵なのかも。

| 映画(合作) | 21:21 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンバセーションズ

Conversations(s)/カンバセーションズ Conversations(s)/カンバセーションズ
ヘレナ・ボナム=カーター (2007/07/27)
松竹

この商品の詳細を見る

CONVERSATIONS WITH OTHER WOMEN
2005年 アメリカ・イギリス
監督 : ハンス・カノーザ


マンハッタンのクラシックなホテル。
ウェディング・パーティの会場で10年ぶりに再会した元夫婦の2人。
平静を装いつつも、交わす会話はどことなくぎこちない。
やがて、お互いの心の中の探り合いが始まる。
そして、パーティも終わりを迎える頃には、
2人の距離は逡巡しながらも確実に近づいていくが。。。。。

No.68.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


2人の会話がチャーミングでステキな作品でした。
大人じゃないとわからないだろうなぁ~、この感覚。

| 映画(合作) | 19:09 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

微笑みに出逢う街角

微笑みに出逢う街角 デラックス版 微笑みに出逢う街角 デラックス版
ズビグニエフ・プレイスネル、ソフィア・ローレン 他 (2005/11/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

BETWEEN STRANGERS
2002年 カナダ・イタリア
監督:エドアルド・ポンティ


足が不自由な夫と暮らす日曜画家の主婦オリビア。
彼女は夫と穏やかな毎日を送りながらも、
秘かに芸術の都フィレンツェへの想いを断ち切れずにいた。
有名なフォト・ジャーナリストを父に持ち、
自身も戦場でのスクープ写真で『TIME』誌の表紙を飾り
華々しいデビューで将来を嘱望されるナタリア。
しかし戦場での悲惨な出来事は彼女の心に重くのしかかっていた。
チェロ奏者として活躍するキャサリン。
夫や娘と離れ離れの生活が続き、家族の溝は深まるばかりだった。
それぞれに悩みを抱えた3人の女性たちは交錯し、
やがて自分の居場所を求めて一歩を踏み出す。。。。。

No.48.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


女性の生き方を描いた作品はどれも好きな私。
こういう作品は、ある程度年を重ねていないとわからないかも…。
エンタメ重視の方にはおすすめできません。。




| 映画(合作) | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みなさん、さようなら

みなさん、さようなら みなさん、さようなら
レミー・ジラール、ステファン・ルソー 他 (2004/10/22)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

LES INVASIONS BARBARES
2003年 カナダ・フランス
監督:ドゥニ・アルカン


ロンドンで働く証券ディーラー、セバスチャンは、
ある日カナダ・モントリオールに住む母ルイーズから
彼の父の病状が悪化しているので帰ってきて欲しいとの連絡を受ける。
その父、大学教授のレミは女ぐせが悪いために、
これまでさんざん家族に迷惑をかけてきた人物。
セバスチャンは、そんな父のような人間にはなるまいと別の道を歩んできたのだった。
それでも彼は葛藤を抑え、帰国することに。
そして、父が末期ガンと知ったセバスチャンは、
“友人を呼んで楽しい病室にして”という母の頼みを聞き入れ、
さっそく行動を開始する。。。。。

No.47.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


個人的に…とても感動しました。
親を見送る方法はいろいろでしょうが、
そんな送り出し方も素敵だと感じました。。

| 映画(合作) | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界でいちばん不運で幸せな私

世界でいちばん不運で幸せな私 世界でいちばん不運で幸せな私
ギョーム・カネ、マリオン・コティヤール 他 (2005/02/04)
アルバトロス

この商品の詳細を見る

JEUX D'ENFANTS
2003年 フランス・ベルギー
監督:ヤン・サミュエル


ジュリアンとソフィーは小学校の同級生。
母親が重い病気にかかっているジュリアンと、
ポーランド移民であるためイジメにあっていたソフィーは
ひょんなことからあるゲームを始める。
それは相手が出したひとつの“条件”をクリアするというもの。
そしてそれを交互に繰り返す。
“相手が仕掛けるゲームに絶対にのる”が唯一の鉄則。
最初は互いを慰めるための無邪気な遊びにすぎなかったが、
それは次第にエスカレートしていく。
やがて大人になった2人は、依然としてそのゲームにとらわれていた。
互いに特別な想いを抱きながら素直になれず、
そしていつしか2人は別々の人生を歩み始める。。。。。

No.46.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


これが純愛なんだ…ふ~~ん。


| 映画(合作) | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。