| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

014.jpg
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション
(2007/08/17)
馬場康夫

商品詳細を見る
2006年 日本
監督 : 馬場康夫

2007年、現在の日本。景気の回復に力強さはなく、低迷が続く日本経済だが、
なかでも800兆円という国の借金が重くのしかかり、国家の崩壊は目前に迫っていた。
そんな日本の危機を救うべく、
財務省大臣官房経済政策課に勤める下川路功はある計画を進めていた。
それは、1990年にタイムスリップしてバブル崩壊をくい止め、
歴史を作り変えるという極秘プロジェクトだった。
ところが、タイムマシンの開発者・田中真理子が
90年3月の東京にタイムスリップしたまま行方不明になってしまう。
そこで、真理子の娘で借金取りに追われるフリーターの真弓が、
母親を救うためタイムマシンに乗り込むのだったが。。。。。

No.4.2oo8

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


それ程期待していなかっただけに…意外と面白くて楽しめました。
ばかばかしいんだけど、ストーリーはしっかりしています。
特にバブル期を知っている大人は笑えるっ!
(あの髪型、服装、メイク…ヒド過ぎる~~!!)
★★★☆☆
スポンサーサイト

| 映画(日本) | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月24日通りのクリスマス

017.jpg
7月24日通りのクリスマス
(2007/05/18)
大沢たかお、中谷美紀 他

商品詳細を見る
2006年 日本
監督 : 村上正典

生まれ育った長崎で市役所に勤める地味で平凡な女性、サユリ。
退屈な毎日を送る彼女は、空想の中で自分の住む街をリスボンの街に置き換え、
出会う男性に“自分だけの王子様ランキング”をつけて現実をやり過ごす日々。
そんなある日、大学のOB会にやって来た憧れの先輩・聡史と再会する。
しかも後日、思いがけず聡史からデートに誘われ、
クリスマスを前にすっかり舞い上がるサユリだったが。。。。。

No.2.2oo8

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


後から「電車男」の監督・脚本家による作品と知って納得…
薄~いおとぎ話といったところです。
DVDのパッケージが「ラブ・アクチュアリー」の色違い版っていうのもビックリ!!

唯一良かったのは美しいリスボンの街並み。
ポルトガルへ行ってみたい気持ちが湧き上がってきました。
★☆☆☆☆

| 映画(日本) | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自虐の詩

自虐の詩
2007年 日本
監督 : 堤幸彦

大阪、通天閣を見上げる下町。
ひなびたアパートに暮らす元ヤクザのイサオと内縁の妻、幸江。
イサオは仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れ、
気に入らないことがあるとすぐにちゃぶ台をひっくり返す乱暴者。
隣に住む世話好きのおばちゃんは、見かねて幸江に別れるよう薦める。
一方、幸江が働く食堂“あさひ屋”のマスターからも、
“アイツと別れて俺と一緒になろう”としつこくプロポーズされていた。
それでも幸江はイサオと一緒にいるだけで幸せだと感じていた。
そんなある日、幸江は医者からおめでたを告げられ、
そのことをイサオに報告するのだが。。。。。

No.82.2oo7

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


映画の日・・・と言うことで豊洲のシネコンへ。
何を観るか迷った挙げ句、上映時間の都合でこの作品を選択!
笑いあり、ホロッとする場面もありでなかなか面白かったです。

| 映画(日本) | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長い散歩

長い散歩 プレミアム・エディション 長い散歩 プレミアム・エディション
緒形拳 高岡早紀 杉浦花菜 松田翔太 (2007/07/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

2006年 日本
監督 : 奥田瑛二


名古屋の高校で校長を勤め上げ定年退職した初老の男、安田松太郎。
教育者としての厳格さがアダとなり、幸せな家庭を築けず、
アルコール依存症だった妻を亡くし、一人娘からは憎しみを持たれていた。
ある日、松太郎は引っ越し先のアパートで一人の少女、幸(サチ)と出会う。
隣の部屋で母親と2人で暮らしている彼女は、その母親から激しい虐待を受け、
誰とも心を通わせることが出来なくなっていた。
そして、ついに見かねた松太郎は少女を救い出し、
彼にとって数少ない家族との幸せな思い出の地である山を目指し旅に出る。
しかし2日後、幸の母親が警察に届け出たことで、
松太郎は誘拐犯として警察から追われる身となってしまう。。。。。

No.66.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


奥田瑛二が監督ってどうなの?…という先入観があり、
あまり期待していなかったのだけど。
意外にも心に凍みる作品でした。。

| 映画(日本) | 18:48 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

タナカヒロシのすべて

タナカヒロシのすべて デラックス版 タナカヒロシのすべて デラックス版
鳥肌実 (2005/11/23)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

2004年 日本
監督:田中誠


かつら工場に勤める32歳の独身男、タナカヒロシ。
社交性皆無のタナカヒロシは、
当然のごとく会社でも同僚や上司との付き合いはほとんどなく、
趣味といった趣味も持たない退屈至極の人間。
それでも、どこか憎めないところがあるらしく、
彼女はいないものの意外と女性たちからモテたりもする。
そんなタナカヒロシの一番の望みは、
誰にも干渉されず日々を平々凡々と暮らしていくことだった。
ところが、父親の急死を皮切りに、タナカヒロシに次々と不幸が襲い掛かる。
この悪い流れを断ち切るため、ついにタナカヒロシは重大な決断を下すのだが。。。。。

No.33.2oo7


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


何気なく借りて観た邦画です…。
いやぁ~~、面白くて笑っちゃいました!
それも大笑いではなくて、シュールでプッと笑っちゃう内容♪
おヒマな時にはぜひどうぞーー!

| 映画(日本) | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆれる

ゆれる ゆれる
オダギリジョー (2007/02/23)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

2006年 日本
監督 : 西川美和

東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛(タケル)。
母の葬式にも顔を出さなかった彼は、その一周忌に久々に帰郷し、
そこで父と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔と再会する。
猛は頑固な父とは折り合いが悪かったが、温厚な稔がいつも2人の間に入り取りなしていた。
翌日、兄弟はガソリンスタンドで働く幼なじみの智恵子と3人で近くの渓谷に足をのばす。
ところが、川に架かる細い吊り橋で、智恵子が眼下の渓流へと落下してしまう。
そして、橋の上には呆然とする稔の姿が。
橋の下にいた猛は惨事に気づき、動揺する稔のもとに駆け寄り落ち着かせる。
兄弟の証言から、最初は不幸な転落事故と思われたが、
数日後、稔が突然“自分が突き落とした”と自供したことから、
事件の真相を巡って裁判へともつれ込む。
猛は弁護士である伯父を立て、稔の無実を晴らそうと努めるが。。。。。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


間宮兄弟とは正反対な兄弟物語。
男性陣がなんとも生々しく色っぽいのは女性監督だから?
何気なく観た作品なのに、
とても印象深く心に残る作品となりました。。

No.22.2oo7

| 映画(日本) | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~ ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~
櫻井翔、 他 (2006/07/14)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る

2006年 日本
監督 : 高田雅博

美大に通う純朴青年、竹本。
彼は花本研究室で知り合った森田、真山、あゆら先輩美大生たちと
騒がしくも楽しい学園生活を送っていた。
そんなある日、花本先生の姪のはぐみが入学してくる。
可憐な容姿に似合わぬダイナミックな絵を描くはぐに、
竹本は一瞬にして恋に落ちてしまう。
突飛な行動を繰り返す森田もはぐに対し特別な興味を示す。
一方、いつもクールな真山は年上の女性理花に、
実らぬ恋と知りながら一途な想いを寄せていた。
そしてあゆは、そんな真山の想いを痛いほど分かっていながら、
彼への気持ちを抑えることができないのだった。。。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


蒼井優ちゃん、かわいいなぁ~♪
ファンの方にはおススメしたいです。

No.18.2oo7

| 映画(日本) | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

間宮兄弟

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産) 間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
佐々木蔵之介 (2006/10/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る

2006年 日本
監督 : 森田芳光

東京の下町のとあるマンション。
30代の現在も仲良く同居を続ける間宮兄弟。
兄・明信はビール会社の商品開発研究員。
弟・徹信は小学校の校務員。
そんな2人は大好きなベイスターズの試合を
スコアをつけながら熱心にテレビ観戦したり、
山盛りのポップコーン片手にビデオ鑑賞したり、
あるいは紙飛行機を飛ばしたりと、
しょっちゅう一緒に行動しては楽しく何不自由ない毎日を送っていた。
それでもやはり恋人は欲しいもの。
そこで2人はカレーパーティを企画、弟は同じ小学校の葛原依子先生を、
兄は行きつけのビデオ店でバイトする女子大生・本間直美を
それぞれ招待することに成功するのだが。。。。。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


なんともほのぼのとした作品♪
“はねトび”で器用にキャラを演じる塚地が好きで、
「ちゃんと演じたらどうなるんだろう~?」と興味本位で観ました。
予想以上に好印象!兄弟、姉妹っていいなぁ。。
塚地はこの作品でブルーリボン賞新人賞&日本アカデミー賞話題賞を受賞…とか。

No.17.2oo7

| 映画(日本) | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かもめ食堂

かもめ食堂 かもめ食堂
小林聡美 (2006/09/27)
バップ

この商品の詳細を見る

ROUKALA LOKKI
2005年 日本
監督: 荻上直子

フィンランドのヘルシンキに“かめも食堂”という小さな食堂をオープンしたサチエ。
シンプルな“おにぎり”を看板メニューに、
フィンランドの人にも日本食のおいしさを伝えたいと張り切るが、
やって来たお客は日本のアニメが好きなおたく青年だけ。
それでもめげずに淡々と営業を続けるサチエは、
やがて訳ありな2人の日本人女性と出会うのだった。。。。。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


巷の評価が高いので期待してレンタルした作品。
「やっぱり猫が好き」「バーバー吉野」が好みの方には良い作品なのかも。
まったり、ほのぼのとした雰囲気は荻上直子作品の特徴でしょうか…。
フィンランドである必要性を感じさせてもらえる何かが欲しかったです。。

No.16.2oo7

| 映画(日本) | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶の味

茶の味 グッドテイスト・エディション 茶の味 グッドテイスト・エディション
坂野真弥 (2005/02/25)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る

2003年 日本
監督 : 石井克人

山間の小さな町に暮らす春野家の人々。
彼らはそれぞれ悩みを抱え悶々としていた。
内気な高校生の長男・一は恋に悩み、
小学校に入学したての妹・幸子は時折ふと現われる巨大な自分の分身に困惑している。
母・美子は子育てが一段落したことでアニメーターに復帰しようと奮闘中。
催眠治療士の父・ノブオはそんな美子に不満な様子。
東京で音楽ミキサーをやっている叔父のアヤノは元恋人に未練タラタラ、
ノブオの弟で漫画家の轟木一騎は仕事に行き詰まっていた。
それでも春野家の祖父・アキラはそんな家族をいつも温かく見守っていて。。。。。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

HDの容量が一杯になってしまったので、
録画したままになっていたこの作品をようやく鑑賞しました♪
我修院達也、歌がうま過ぎて笑える~~(^^)
今どき音叉って…
芸達者な役者揃いの上、大物がチョイ役で出ていたりするのも面白いです。
時間&余裕のある時に観た方がいい作品だと思います。

No.3.2oo7

| 映画(日本) | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。